人生をやり直したいときの30の言葉

スポンサーリンク

(1)

人生は、何度でもやり直せる。

(2)

気持ちを立て直すことができれば、自然と現実も立て直っていく。

(3)

落ち込んでいる今、リバウンドのチャンスが与えられている。

(4)

おりの中から抜け出して、新しい変化を作る。

変化は、自分から作るもの。

(5)

心の傷を忘れたければ、とにかく動く。

(6)

人生は、取り返しのつかないことより、取り返しのつくことのほうが、圧倒的に多い。

(7)

すぐ諦めないこと。

(8)

世界が変わるのを待つより、今すぐ自分を変える。

(9)

人目を気にせず、自分の考えを口にする習慣を持つ。

(10)

共倒れになったら、共倒れした者同士で、慰め合う。

(11)

出来事の善しあしの区別をやめて、今の状況すべてを、楽しむ。

(12)

鍵のかかった密室からは、他人の力を求める。

(13)

一生懸命努力をして「できるようになった」という喜びを、たくさん味わう。

(14)

疲れには2種類ある。
「嫌いなことをする疲れ」と「好きなことをする疲れ」。

(15)

「もしかすると、簡単なのかもしれない」と考えて、行動する。

(16)

本当の競争相手は、他人ではなく、自分。

(17)

元気が出ないときは、元気が出ない原因を考え、取り除く。

(18)

何もない人は、軽いフットワークを武器にする。

(19)

災難を通して、人との絆を作る。

(20)

いらいらさせた相手に当たるのではない。
いらいらしてしまった自分に当たるのだ。

(21)

当たり前のことを当たり前に行動するだけで、未来は切り開ける。

(22)

若者でも、意識が老後に向いている人は、老人である。
高齢者でも、意識が青春に向いている人は、青年である。

(23)

自己啓発書を、悪徳宗教のように、考えない。

(24)

大きな借金がある人は、バルザックを見習おう。

(25)

きれいな景色を見たければ、まずきれいな言動を心がければいい。

(26)

よい選択肢を選ぶのではない。
選んだ選択肢をよいものにすればいい。

(27)

今この瞬間も、目の前をチャンスが横切っている。

(28)

喧嘩をした次の日は、普通に「おはよう」と挨拶をする。

(29)

持ち続けるのが疲れると思ったら、手放してもいいサイン。

(30)
あらを探す能力より、つじつまを合わせる能力を磨く。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存