夫が心がけたい夫婦円満の30の心得

スポンサーリンク

(1)

会社を出たタイミングで、家で待つ妻に電話をすればいい。

(2)

たまには奮発したプレゼントを贈る。

(3)

夫婦関係は、夫は独裁的にならないように気をつける。

(4)

話を最後まで全部聞いてから、すぐ謝る。

(5)

喧嘩の火は、小さければ小さいほど消しやすい。

(6)

会社を出たら、仕事のことは忘れる。

(7)

「いただきます」と「ごちそうさま」を、必ず言う。

(8)

妻の食事を褒めるほど、料理の腕も味も向上する。

(9)

褒めながら「こうしてほしい」というコメントを伝える。

(10)

衝突はいいが、絶対に暴力だけはいけない。

(11)

大切な人を守るために、力を使うようにする。

(12)

お風呂を一緒に入る夫婦に、仲の悪いカップルはいない。

(13)

どんなに感情的になっても「結婚しなければよかった」とだけは言わないようにする。

(14)

家族の写真は、やる気と元気の源になる。

(15)

妻のご両親を褒めるには、妻を褒めるだけでいい。

(16)

妻を大事にするからこそ、仕事も安定する。

(17)

妻が何度も同じ話をするのは、強調しているというサイン。

(18)

夫と妻とでは仕事の、「種類」や「立場」が異なるだけで、大変さに大きな差はない。

(19)

妻のほうが大変かもしれないことに気づく。

(20)

「手伝って」より「手伝わせて」で、夫婦関係はうまくいく。

(21)

男が偉そうにする時代は、とっくに終わっている。

(22)

自分の母親と妻とを比べるのは、やめる。

(23)

夫は嘘をついても、勘の鋭い妻は、すぐ見抜く。

(24)

マザーコンプレックスから、早く卒業せよ!

(25)

夫婦関係は、量より質を重視しよう。

(26)

理想の妻を求める前に、理想の夫から演じること。

(27)

夫婦生活では、二者択一ではなく、グレーということもある。
曖昧な答えは、実ははっきりした答えだった。

(28)

夜景の見えるところで、ディナーを楽しむ。

(29)

記念日には、妻へ花束を贈る。

(30)

有給休暇を取って、生活に余裕を作る。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存