世界一のバカな親父と思われてもいい。アニマル浜口の言葉

スポンサーリンク

(1)

人と出会い、書物や風景と出合い、人間は変わる。
言葉は力を持っていて最後はよりどころになる。

(2)

気合いと笑いのコラボレーションで一切の困難を乗り越えられる。

(3)

負けることは恥ずかしいことじゃない。
(負けから)立ち上がれないことが恥ずべきこと。

(4)

目上の人を敬い、目下の人を助ける気持ちがなくて、どうして人は強くなることができようか。

(5)

大きな声を出すと、内面から人生で積み重ねてきたことが正直に出る。
だから、悪事を働くときは声が小さく沈み、自分に恥じないときは大声となる。

(6)

試合は絶対に勝たなければならない。
勝つイメージを持ち続けろ。

(7)

戦いに敗れたとき、何かの壁にぶちあたったとき、まずは初心に戻ることだ。
「内省自戒」し、原点に戻る。
成長を遂げ、地位を築いてきた人間にとって、それはなかなかできないことかもしれない。
しかし、己の失敗を認め、改革を行う勇気を持って、自らの原点に返れ。

(8)

不安を感じる、恐怖におののく。
それは弱いからではない。
勝負の厳しさ、何が起こるかわからない戦いの怖さを知っている選手だからこそ、試合前に不安と恐怖を抱く。
同じことが繊細さにもいえる。
大胆に、小さなことは考えず、ドンと構えていることがいいわけではない。
ほんの些細なこと、人から見たらどうでもいいようなことにも気を配る繊細さ。
臆病なぐらい、何事も心配し、入念に準備することが肝心だ。
野獣と化すのは、試合開始のホイッスルが鳴ってからでいい。

(9)

子供より努力しない親。
生徒より努力しない先生。
社員より努力しない社長や役員。
国民より努力しない政治家。
そういう者たちが多くなっているからこそ、今日の世の中はおかしくなっているんだ。
どんな状況でも、決して自分のことだけを守ろうとせず、逃げ出さず、堂々と立ち向かう。
そして、自分より年下だろうが、地位が低かろうが、相手のことを一番に考えながら、思いやりを持って接する。
そんな指導者の後ろ姿を見て、下の者はついてくる。

(10)

若者よ、後味の悪いことはするな!
虚しさ、後ろめたさの残るようなことはするな!
自分に嘘をつくな!
正直になれ!
もっと正々堂々と生きろ!
それには、まず自分の人生の目標を明確にし、一本に絞ることだ。
そして、その目標を達成するためにすべてを投げうって、全身全霊を傾け、勝負しろ。
一切の困難を乗り超えろ。
勝負をかけた世界なら、いじめを受けても当然だ。
それでも、絶対に逃げるな。
我慢して、我慢して、我慢して、そしてすべてを乗り越え、あらゆるものを力に変えていけ。

(11)

人生、前にも行けず、後に退くこともできない、ニッチもサッチもいけないことはある。
それでも、勝負すると決めたら、逃げ出したりできないように、自ら退路を断ってしまうことだ。
誰にも頼らず、自分の力で立ち向かえ。
失敗しても、挫けても、何度でも立ち上がり、前を見て突き進め。
そうしたら、夢は必ず叶う。

(12)

近頃では、親が子供を叱り飛ばすということがなくなっているが、何も難しいことではないと思う。
親が子供のことを大切に考え、慈しみ、愛情を持って、心血を注いで日々接すればいい。
家族の団欒、何でも一緒に話し合う時間さえあればいいんだ。
大切なことは、やさしさだけではなく、厳しさを使い分けることだ。

(13)

恐怖感というものは腹を決めた時、そこで本当の度胸が生まれる。
闘いをやめれば負ける。
持続は勝つ。
気合だ。

(14)

どうせ人間は泣いて生まれ、泣いて死ぬ。
じゃあ生きている間は笑おうじゃないか。

(15)

苦しみぬかなきゃならん。
苦しんで苦しんで、のたうち回って、それでハッと、何かがわかる。

(16)

燃えられるものを早く見つけて、変えていく努力をすると、運命って変わってくるもんです。

(17)

おまえたち、お天道様に感謝するなんて年寄りのすることだとバカにしていないか。

(18)

大地に向かって立ち小便をするな。
ツバを吐くな。

(19)

高い山を登っていくと、ある程度、道の頂上になってまた迷う。
それでまた、新しい道に出会って、それでまた、鍛錬、修行する。
その繰り返し。
どんなに凄い選手でも、どんなに練習やっても、やっぱり不安、理由の無い不安というものが襲ってくる。

(20)

世界一のバカな親父と思われてもいい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存