夫婦円満になる30の秘訣

スポンサーリンク

(1)

恋人関係と夫婦関係は、似て非なるもの。

(2)

夫婦とは、運命共同体である。
協力しながら生きていくという覚悟を持つ。

(3)

心配し合いケアし合うのは、夫婦の命綱になる。

(4)

趣味は同じでも別々でもいい。
分かち合うことが大切。

(5)

相手を非難するより「お互い大変だね」と思い合う。

(6)

お互いの立場を入れ替える機会を、ときどき作る。

(7)

記念日を大切にするだけで、夫婦の仲は円満になる。

(8)

1日1回は、一緒に食事をする。

(9)

夫婦間の感謝に、言いすぎるということはない。

(10)

感謝の言葉は「ありがとう」だけではない。

(11)

自分のセンスを、相手に押し付けない。

(12)

「干渉しない時間」を作るほうが、夫婦の仲はよくなる。

(13)

いちゃいちゃしている夫婦ほど、仲がいい。

(14)

仲がいいから手をつなぐのではない。
手をつなぐから仲がよくなる。

(15)

手をつながなくなるから、手をつなぎにくくなる。

(16)

仲が悪い夫婦は、無視し合う。
仲がいい夫婦は、見つめ合う。

(17)

かどのない家具に囲まれると、かどのない柔らかい発言が多くなる。

(18)

まったく喧嘩をしないより、たまには小さな喧嘩をするほうがいい。

(19)

置き手紙で、サプライズを演出する。

(20)

分かってもらうより、分かってあげる。

(21)

ルールは秩序を作り、夫婦間の不要なトラブルを防ぐ効果がある。

(22)

当番を決めるときの原則は「効率」より「公平さ」。

(23)

夫と妻とで意見が分かれたら、じゃんけんで決めるのも悪くない。

(24)

相手を卑下した言葉は一切使わない。
あらかじめ決めておけばいい。

(25)

たまには夫婦2人で、特別な場所で食事をしに行く。

(26)

夫も妻も、お小遣いは多めのほうが、夫婦関係がうまくいく。

(27)

妥協というのは我慢ではない。
パートナーを尊重している証拠である。

(28)

夫婦とはいえ、最低限のプライベートは必要。

(29)

セックスが多い夫婦ほど仲がいい。

(30)

夫は妻の提案を100パーセント受け入れ、妻も夫の提案を100パーセント受け入れてみる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存