愛してるんだったら、態度で示せよ。寅さん(渥美清)の言葉

スポンサーリンク

(1)

思っているだけで何もしないんじゃな、愛してないのと同じなんだよ。
愛してるんだったら、態度で示せよ。

(2)

何というかな。
ああ生まれてきて良かった、そう思うことが何べんかあるだろう。
そのために生きてんじゃねえか。
そのうちお前にもそういう時が来るよ、な?まあ、がんばれ。

(3)

ザマ見ろ、人間理屈じゃ動かねえんだ。

(4)

男が女にほれるのに年なんかあるかい。

(5)

あいつがしゃべれねえーてのは、あんたに惚れてるからなんだよ。
今度あの子に会ったら、こんな話しよう、あんな話もしよう、そう思ってウチを出るんだよ。
いざその子の前に座ると、ぜーんぶ忘れちゃうんだね。
で、馬鹿みてーに黙りこくってんだよ。
そんなてめえの姿がなさけなくって、こー、涙がこぼれそうになるんだよ。
な、女に惚れてる男の気持ちって、そういうもんなんだぞ。

(6)

格好なんて悪くったっていいから、男の気持ちをちゃん伝えてほしいんだよ、女は。
だいたい男と女の間っていうのは、どこかみっともないもんなんだ。
後で考えてみると、顔から火が出るようなはずかしいことだってたくさんあるさ。
でも愛するってことはそういうことなんだろ、きれいごとなんかじゃないんだろ。

(7)

ああいい女だなあと思う。
その次には、話がしたいなあと思う。
ね?その次にはもうちょっと長くそばにいたいなあと思う。
そのうちこう、なんか気分が柔らかぁくなってさ、ああこの人を幸せにしたいなあと思う…。
もうこの人のためだったら命なんかいらない、俺死んじゃってもいい、そう思う。
それが恋というもんじゃないだろうか。

(8)

青年。
女にふられた時は、じっと耐えて、一言も口をきかず、黙って背中を見せて去っていくのが、男というものじゃないか?

(9)

あの、何か困っていることがございませんか?
どうぞ私に言ってください。
大したことはできませんが、指の1本や2本、いいえ、腕や片足ぐれえでしたらなんてこたぁありません。
どうぞ言ってください。

(10)

今度あの子に会ったら、こんな話しよう、あんな話もしよう、そう思ってウチを出るんだよ。
いざその子の前に座ると、ぜーんぶ忘れちゃうんだね。
で、馬鹿みてーに黙りこくってんだよ。
そんなてめえの姿がなさけなくって、こー、涙がこぼれそうになるんだよ。
な、女に惚れてる男の気持ちって、そういうもんなんだぞ。

(11)

俺はな、学問つうもんがないから、上手い事は言えねえけれども、博がいつか俺にこう言ってくれたぞ、自分を醜いと知った人間は、決してもう、醜くねえって・・・。

(12)

働くってのはな、博みたいに女房のため子供のために額に汗して、真黒な手して働く人達のことをいうんだよ。

(13)

たった一度のの人生をどうしてそう粗末にしちまったんだ。
お前は何の為に生きてきたんだ。
なに?てめえのことを棚に上げてる?当たり前じゃねえか。
そうしなきゃこんなこと言えるか?

(14)

お前もいずれ、恋をするんだなぁ。
ああ、可哀想に。

(15)

どうだい、旅は楽しかったかい。
例えこれがつまんない話でも、面白いねぇと言って聞いてやらなきゃいけない。
長旅をしてきた人は、優しく迎えてやらなきゃなぁ。

(16)

おう労働者諸君!今日も一日ご苦労様でした。
さあ明日はきっとからっと晴れたいい日曜日だぞ。

(17)

例えば、日暮れ時、農家のあぜ道を一人で歩いていると考えてごらん。
庭先にりんどうの花がこぼれるばかりに咲き乱れている農家の茶の間。灯りが明々とついて、父親と母親がいて、子供達がいて賑やかに夕飯を食べている。
これが・・・これが本当の人間の生活というものじゃないかね、君。

(18)

インテリというのは自分で考えすぎますからね。
そのうち僕は何を考えていたんだろうって、分かんなくなってくるんです。
つまり、このテレビの裏っ方で言いますと、配線がガチャガチャにこみ入ってるわけなんですよね、ええ、その点、私なんか線が1本だけですから、まあ、言ってみりゃあ、空っぽといいましょうか、叩けばコーンと澄んだ音がしますよ、殴ってみましょうか?

(19)

労働者諸君、田舎の両親はお元気か。たまには手紙を書けよ。

(20)

おてんとうさまは、見ているぜ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存