生活の質を向上させる30のマナー

スポンサーリンク

(1)

最初の一口目は、もっともっと大事にしたほうがいい。

(2)

ぎりぎり電車に乗れても、ドア付近で立ち止まらない。

(3)

いいお客さんになりたければ、客側もふさわしい服装が必要。

(4)

相手の名前を聞くだけで、あなたはいい人になれる。

(5)

同じ飲み物でも、ちびちび飲むのと、ごくごく飲むのとでは、味わいが変わる。

(6)

始める前や最中だけでなく、終えた後も大切にする。

(7)

今持っているハンカチとティッシュは、人にすぐ差し出せますか。

(8)

初対面は、自己紹介のベストタイミング。

(9)

面識ができれば、勇気を出して、挨拶をしてみる。

(10)

品性が表れるのは、ドアを開けるときより閉めるとき。

(11)

まず作品をじっくり見てから、タイトルと解説を読み、再び作品を見る。

(12)

ボタンがなかなか留められないときは、過剰に焦っている自分に気づき、すぐ落ち着きを取り戻す。

(13)

部屋のカーテンを最後に洗濯したのは、いつですか。

(14)

天井も、定期的に掃除する。

(15)

スーツとコートでは、建物に入る前の脱着マナーが異なる理由を、理解する。

(16)

自分一人でも「いってきます」「ただいま」をきちんと言う。

(17)

行きつけのお店の名前を確認して、覚える。

(18)

使い終わった傘には、あなたの内面と未来が表れている。

(19)

痴漢に遭えば、我慢せず、きちんと訴える。

(20)

使い終わった物を捨てるときは、ねぎらいの言葉を言う。

(21)

あくびが出たときは、血中の酸素が不足してしまうような状況に置かれていると考えていい。

(22)

タクシーの指示を出すタイミングに、あなたの優しさが表れる。

(23)

レジでの雑談は、後ろに並ぶお客さんのことも考える。

(24)

宅配の人には、一生懸命届けてくれたことに、笑顔でねぎらいの一言を伝える。

(25)

探し物がすぐ見つからないのは、整理整頓がおろそかになっている証拠。

(26)

急に大きな音が聞こえたときこそ、平常心。

(27)

不運の出来事は「珍しい経験をした」と思って喜ぶ。

(28)

舞台を見終わった後のアンケートも、舞台の一部として楽しむ。

(29)

「寝具で寝る」と考えるのではない。
「偉大な存在に癒されている」と考える。

(30)

親におごってもらったときも「ごちそうさま」。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存