いらいらしない人になる30の方法

スポンサーリンク

(1)

いらいらするのは、余裕がないから。

(2)

いらいらしない人になるために「余裕のある生活」を心がけよう。

(3)

生活の中から「ぎりぎり」をなくす。

(4)

「本番だ」と気合を入れすぎない。
「練習だ」と思えばいい。

(5)

価値観を、ごみ箱に捨てる。

(6)

いらいらすれば、紙に書いて、ごみ箱に捨てよう。

(7)

部屋の中で人とぶつかると、外で車とぶつかる。

(8)

間違ってしまえば、その間違いを味に変えて生かしてしまえばいい。

(9)

いつもより早めに家を出れば、気持ちも穏やかになる。

(10)

誰もあなたの心に傷をつけられない。
自分で傷をつけるだけ。

(11)

寝るか忙しくすれば、嫌なことを忘れる。

(12)

体を動かせば、いらいらもなくなる。

(13)

体を動かす機会を、捨てないようにする。

(14)

ため込んでいるものが多い人は、大きなことを成し遂げる力がある。

(15)

「自分自分」と考えない。
「あなた、あなた」と考えよう。

(16)

近くを見つめない。
遠くを見つめよう。

(17)

目標を見ていると、いらいらする。
目的を見ていると、いらいらしない。

(18)

まめにコミュニケーションを取る。

(19)

話したことのない人に、話しかける。

(20)

文句や不満は言ってはいけないと真面目を演じる人こそが、ストレスをため込み、キレてしまう。

(21)

励ましていると、自分が励まされる。

(22)

思いどおりにならないことは「それでよかった」と考えよう。

(23)

休みの日は、休むことが仕事。

(24)

自分のことを振り返るときに、海ほど絶好の場所はない。

(25)

ストレスで不健康になるというのは、ため込んだまま吐き出さないから。

(26)

いらいらは、必ずあなたに何かを教えてくれている大切な出来事。

自分のためになる薬ほど、苦いもの。

(27)

ふわふわしたものに触れると、いらいらが緩和される。

(28)

「いい思い出になった」と、言い切ってしまおう。

(29)

できないことは見ない。
できるところだけを見つめる。

(30)

他人と比べない。
いっそのこと、他人を見ない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存