ストレスをためる人とためない人の30の違い

スポンサーリンク

(1)

ストレスの本当の解決は、短期ではなく、長期で考えること。

(2)

ストレスの大半は、肉体より、精神的であることに気づく。

(3)

心の運転は、車の運転と同じ。
事故を起こす原因は、運転にある。

(4)

ストレスをためている人は、弱いものをいじめようとする。
ストレスをためない人は、弱いものを助けようとする。

(5)

短期的に考えていると、短気になる。

(6)

今日を懸命に生きる人は、賢く生きることができる。

(7)

お金で動くと、ストレスが増える。
喜びで動くと、ストレスがなくなる。

(8)

素直、正直が一番疲れない。

(9)

相手と話す前に、まず自分と話をしよう。

(10)

ストレスをためる人は、受け止める。
ストレスをためない人は、バネにする。

(11)

ストレスをためる人は「後回し」にする。
ストレスをためない人は「今すぐ」に行う。

(12)

考えても分からないことは、すぐ答えを聞いてもいい。

(13)

タバコは、いらいらを減らすどころか、増やしてしまう。

(14)

嫌だと思うことは、開き直って体当たりしてしまう。

(15)

喧嘩をした相手とは、謝って仲直りをする。

(16)

ストレスをためる人は、仕事をするために休まない。
ストレスをためない人は、仕事をするために休む。

(17)

ストレスをためる人は、我慢で乗り切ろうとする。
ストレスをためない人は、協力で乗り切ろうとする。

(18)

生活のリズムが一定だから、ストレスも小さくなる。

(19)

おしゃべりな人は、ストレスをためにくい。

(20)

ルールを先に考えすぎると、挫折する。
しながらルールを覚えると、楽しくなる。

(21)

楽しさや面白さは、自分から積極的に見つけていく。

(22)

もつれた糸をほどくために、いったん休憩を入れる。

(23)

海外旅行で、自分をリセットする。

(24)

流れが悪くなったとき、ストレスを感じ始める。

(25)

ストレスの多い人は「完全」を求める。
ストレスの少ない人は「適当」を求める。

(26)

ごちゃごちゃした部屋は、心もごちゃごちゃになる。
すっきりした部屋は、心もすっきりする。

(27)

負けると分かっている戦いには「逃げる」という選択が最適。

(28)

経験を増やして、慣れてしまう。

(29)

競争につられて、自分のペースを崩さないようにする。

(30)

「調子に乗るな」を信じてはいけない。

乗っているときに進めるだけ前へと進んでおくほうがいい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存