あなたの悪い癖を直す30の方法

スポンサーリンク

(1)

癖が直らないのではない。
癖の直し方を知らないだけだ。

(2)

癖に支配されるのではなく、癖を支配する。

(3)

癖も個性の1つ。
ただし、悪影響があるなら、直しておくほうがいい。

(4)

悪い癖を書き出すことで、認識を促そう。

(5)

癖の現状を記録して、客観的な状況を把握する。

(6)

良い癖なら、直す必要もやめる必要もない。

悪い癖なら、悪影響があるため、改善しよう。

(7)

「癖を直す、やめる」と公言する。
自ら逃げ道を断つ人が、目的を達成する。

(8)

決意が固まるから、宣言書を書くのではない。
宣言書を書くから、決意が固まる。

(9)

悪い癖を直すことは、普通になるだけではない。
スマートな自分に生まれ変わることでもある。

(10)

癖の原因は3つある。
ストレス、快感、模倣。

(11)

「悪癖改善ノート」を作って、日々の結果を記録する。

(12)

疑うから、癖が直らない。
信じるから、癖が直る。

(13)

いきなり「完全」を目指す必要はない。
最初の目標は「半分」で十分。

(14)

知恵と工夫を働かせて、物理的に不可能な状態にさせておく。

(15)

見られている意識を持つ。

(16)

悪い癖を、別の癖に置き換える。

なりたい自分をイメージしながら、置き換える癖を考えるといい。

(17)

癖をやめているのではない。
「癖をやめる」という癖をつけているのだ。

(18)

癖が出そうになったときの2つの代替行動。
腕組み、握りこぶし。

(19)

「絶対直らない」と思う癖でも、最初から諦めず、きちんと改善に取りかかる。

(20)

落ち着いた行動を心がける。

(21)

悪い癖を直すなら、多忙な時期は避けておく。

(22)

癖を直すなら、最低3週間は見積もっておく。

(23)

きちんと「特訓期間」を作って、集中的に取り組む。

(24)

自分を甘やかしていると、なかなか癖をやめられない。
自分に厳しくなると、きちんと癖をやめられる。

(25)

癖を我慢できたら、きちんと自分を褒めよう。

(26)

癖を放置したときの悪影響を書いて、危機感・緊張感を高めよう。

(27)

うっかり癖が出たとき、いらいらするのではない。
反省するのだ。

(28)

癖を直すことを癖にすることも、自己管理の1つ。

(29)

悪癖に悩んでいるうちは、まだ大丈夫。
悪癖に悩まなくなったら、本当に終わり。

(30)

悪い癖を直すことは本来、面白いこと。
面白がったら、簡単に悪い癖は直る。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存