口紅は、落ちる過程にこそドラマがある。ココ・シャネルの言葉

スポンサーリンク

(1)

私は贅沢が大好きです。
贅沢とは、お金を持っていることや、けばけばしく飾り立てることではなく、下品でないことをいうのです。
下品こそ、もっともみにくい言葉です。
私はこれと闘う仕事をしています。

(2)

その日、ひょっとしたら、運命の人と出会えるかもしれないじゃない。
その運命のためにも、できるだけかわいくあるべきだわ。

(3)

あえて一人でいることを大切にする時もあっていい。
自分の価値観を他人にあれこれ言われたりするのは嫌だし、ましてや整理整頓することなどやめてほしい。

(4)

愛がなくなったのに、一緒にいることほど惨めなことはありません。

(5)

私は好きなことしかしない。
私は自分の人生を、自分が好きなことだけで切り開いてきたの。

(6)

失敗しなくちゃ、成功はしないわよ。

(7)

美しさは女性の「武器」であり、装いは「知恵」であり、謙虚さは「エレガント」である。

(8)

実際にどう生きたかということは大した問題ではないのです。
大切なのは、どんな人生を夢見たかということだけ。
なぜって、夢はその人が死んだ後もいき続けるのですから。

(9)

私は流行をつくっているのではない。
スタイルをつくっているの。

(10)

みんな、私の着ているものを見て笑ったわ。
でもそれが私の成功の鍵。
みんなと同じ格好をしなかったからよ。

(11)

口紅は、落ちる過程にこそドラマがある。

(12)

流行は色褪せるけど、スタイルだけは不変なの。

(13)

人生がわかるのは、逆境のときよ。

(14)

女は40を過ぎて始めておもしろくなる。

(15)

成功は、多くの場合、失敗が不可避であることを知らない人によって成就される。

(16)

20歳の顔は自然の贈り物。50歳の顔はあなたの功績。

(17)

私は流れに逆らって泳ぐことで強くなったの。

(18)

シンプルさはすべてのエレガンスの鍵。

(19)

男は子どものようなものだと心得ている限り、あなたはあらゆることに精通していることになるわ。

(20)

かけがえのない人間になるには、常に他人と違っていなくちゃ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存