逃げ癖を直す30の方法

スポンサーリンク

(1)

逃げ癖がついているなら、逃げない癖をつけることもできるはずだ。

(2)

逃げ癖があると、1つのことを長く続けられなくなるため、大きなことを成し遂げられなくなる。

(3)

逃げ癖が出やすい場面を把握しておく。

(4)

仕事リストを作成するだけで、逃げ癖の改善に一歩近づける。

(5)

記録をつける習慣は、逃げ癖の改善につながる。

(6)

すぐ直さなくていい。
少しずつ直していけばいい。

(7)

目標を作ると、逃げ癖が半減する。

(8)

目標に期限をつける。

達成困難な範囲ではなく、無理のない範囲で作ることがポイント。

(9)

高い目標は、低くしよう。
大きな課題は、小さく分けよう。

(10)

悪いほうに考えない。
何事も良いほうに考える癖をつけよう。

(11)

マイナス面を見ているから、逃げたくなる。
プラス面を見れば、追いかけたくなる。

(12)

自ら逃げ道を断つことで、逃げられなくする。

(13)

後悔してからでは遅いため、前もって逃げたときのリスクやデメリットを把握しておく。

(14)

やる気や元気がなくても取りかかる癖をつければ、逃げ癖が直るのは時間の問題。

(15)

慎重になっても、なりすぎないこと。
逃げ癖があるからこそ、早く取りかかろう。

(16)

決意表明をしておけば、逃げたくても逃げられなくなる。

(17)

逃げ癖と生活習慣には、深いつながりがある。

(18)

逃げたくなるのは、意志やメンタルが弱いせいとは限らない。
逃げたくなる原因を探って、排除する。

(19)

逃げたくなったら「逃げたら負け」という言葉で自分を奮い立たせる。

(20)

できなかったところをばかり見ていると、逃げたくなる。
できたところを見ていると、もっと頑張りたくなる。

(21)

嫌いなことは、逃げたくなるのが自然の摂理。
好きなことは、追いかけたくなるのが自然の摂理。

(22)

逃げたい気持ちは、あらゆる手段を使って、吐き出す。

(23)

憧れのキャラクターと自分とを重ね合わせよう。
逃げないで立ち向かう力がみなぎってくる。

(24)

身銭を切る。

(25)

正当な言い訳はOK。
余計な言い訳はNG。

(26)

逃げるべき場面では、逃げ癖にかかわらず、素直に逃げる。

「このままでは体が持たない」と感じたら、理性と自制心が残っているうちに方向転換をする。

(27)

逃げずに頑張り抜くことで、喜ぶ人をイメージする。

(28)

逃げるくらいなら、弱音を吐いてでも誰かに手伝ってもらったほうがいい。

(29)

燃えさかるような強い願望を持つ。

(30)

あなたは自分を誤解している。
本当は逃げ癖なんてない。

過去に逃げたことがあったとしても、時間が経ち、今のあなたはもう成長している。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存