引っ込み思案を克服する30の方法

スポンサーリンク

(1)

正しい努力と行動さえ続けていけば、少しずつ引っ込み思案を克服していける。

(2)

自分は本当に引っ込み思案なのか、あらためて考えてみる。

「嫌いなことはしたくない」という気持ちは、引っ込み思案とは違う。

(3)

引っ込み思案であることを重く考えすぎず、個性と考えるようにする。

(4)

引っ込み思案になる原因を知る。

(5)

自分が引っ込み思案になった原因を探ってみる。

原因が分かることも「1歩前進」。

(6)

引っ込み思案を克服する宣誓書を書く。

宣誓書には、運命を変える力がある。

(7)

積極的な挨拶の習慣は、引っ込み思案の克服の基本。

(8)

引っ込み思案の人は、圧倒的に成功体験が不足している。

(9)

引っ込み思案だから、姿勢が悪くなるのではない。
姿勢が悪いから、引っ込み思案になる。

(10)

積極的に自分を褒める。

(11)

先手で行動する。

(12)

大事な局面では、後ろに下がるのではなく、前に出る。

(13)

声のボリュームを少し上げるだけで、引っ込み時間が克服に向かう。

(14)

引っ込み思案の人が会話で心がけたい、3つのポイント。
明るく話す、1つだけ話す、結論から話す。

(15)

「会話に失敗してはいけない」と考えるのではない。
「会話に失敗してもいい」と考えよう。

(16)

カラオケに行って、人まで声を出すのに慣れる。

(17)

聞き上手になることも、積極的な姿勢の1つ。

(18)

あなたが書いた1枚のアンケート用紙には、世の中に影響を与える力がある。

(19)

人前に出る機会を作ろう。
積極的になるポイントは「好きなこと」にある。

(20)

いま一度、感謝の気持ちを大切にする。

(21)

行動スピードを上げると、引っ込み思案が吹き飛ぶ。

(22)

新しい服には、引っ込み思案を克服させる力がある。

(23)

美容院は、新しい自分に生まれ変わるところ。
髪の雰囲気を変え、引っ込み思案も吹き飛ばそう。

(24)

最初から積極的な気持ちでなくていい。
積極的な気持ちは、後からなればいい。

(25)

反省が終われば、もうくよくよするのは禁止。

(26)

人見知りと引っ込み思案は、似て非なるもの。

(27)

引っ込み思案だから、引っ込み思案の人と仲良くなれる。

(28)

挑戦の数だけ、引っ込み思案が克服される。

(29)

心が強いから、一人旅をするのではない。
一人旅をするから、心が強くなる。

(30)

自分を変える挑戦として、一人暮らしを始めてみる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存