ネガティブな自分にサヨナラする10の方法

スポンサーリンク

(1)

自分で決断し、行動する

何かを成し遂げたいとき、私たちには「やるか、やらないか」という2つの選択肢があります。ここで重要なのは、「やる」と決めたら能動的に動いていくこと。待ちの姿勢では「やらない」って決めたのと同じことです。

目標を決めたら、どんどん行動を起こしていきましょう。じゃないとどんどんネガティブな思考にとらわれて、やる気が削がれてしまいますよ。

(2)

ネガティブなことを全部書き出す

不安や恐れ、疑いの念などで頭がいっぱいになってしまうことってありますよね。そういうときは、自分の気持ちに正直になって、それらすべてを紙に書き出してみるといいでしょう。

そうすると、頭のなかがスッキリして、ポジティブに考える余裕が生まれてくるものです。

(3)

ネガティブな思考にそっと別れを告げる

紙に書き出したあとは、それらにそっと別れを告げましょう。ネガティブなことを考えてしまうのは、本来「自己防衛」のためなので、決して悪いことではありません。でも、そのせいで人生が楽しくなくなってしまったら、本末転倒ですよね。

息苦しくなってしまうくらいのネガティブな思考からは、そっと離れていきましょう。

(4)

自分がハッピーになれるルーティンを作る

ネガティブな思考は、追い出そうとしてもしぶとく残り続けてしまう…。そんなときは、ポジティブなエネルギーを自分に与えてくれるものを探してみましょう。

アップテンポな音楽を聴いたり、日記を書いたり、ペットと過ごしたり。自分に合ったぴったりなものを見つけてみてください。

(5)

ポジティブで自分をいっぱいにする

ネガティブな感情は、隙あらばあなたに近づいてきます。友だちと会う予定や新しい趣味、ジムに通うことなど、ポジティブなことで自分を忙しくして、その隙をつくらないようにしましょう。

(6)

無理やりポジティブにならなくていい

今の自分がネガティブになりがちだからと言って、急に変われるわけではありません。ステップを踏みながら徐々にポジティブになれれば、それでいいんです。

イヤなことが起きても、そのなかでひとつポジティブな面を見つけることから始めてみるといいでしょう。

(7)

モヤモヤ思考をやめる

私たちは、目標を立てるとつい達成後の未来のことを想像してしまいます。でも、その理想と現実のギャップに落ち込んで、モヤモヤしてしまうことってありませんか?

まずは「今」に集中して、目標を確実に達成することを大切にしていきましょう。

(8)

ネガティブな人たちとの付き合いをやめる

とくに、親しくしている人がネガティブな考え方の持ち主の場合、少し難しいかもしれません。

でも、ネガティブな人たちは、あなたからポジティブなエネルギーすら奪い取ってしまいます。人生をポジティブにしたいのであれば、徐々に彼らからは距離を置くようにしましょう。

(9)

好きなことで自分を満たす

あなたは何をするのが好きですか?仕事、趣味、友だちと会うなど、何でもいいです。自分が「心から好き」と思えることに、全力で向き合いましょう。

そして、それを最優先事項にしてください。何があってもキャンセルなんてしてはいけません。

(10)

自分を大切にする

今の自分に何が必要なのかをちゃんと把握して、エネルギーを定期的にチャージしていれば、人生は自然とハッピーになるもの。

逆に、セルフケアを怠るとポジティブなオーラは持続しないのです。

出典 TABI LABO

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存