時間の使い方が上手になる30の方法

スポンサーリンク

(1)

時間を制する者は、人生を制する。

(2)

時間が限られているなら、集中力を大事にして、時間の質を上げる。

(3)

できるだけ、物を減らす。

(4)

人と接する場面では「時間をいただいている」という考え方を持つ。

(5)

計画も予定も、きれいでなくていい。
大まかで十分。

(6)

予定表は、決まる前に書き始めていい。

(7)

「忙しい」という口癖がある人にかぎって、時間にルーズ。

(8)

時間がないと愚痴っていると、ますます時間がなくなる。

(9)

自分の忙しさをアピールするのはNG。
相手の忙しさを尊重するのはOK。

(10)

忙しいからこそ、本を読む。

(11)

4分の1まで進んでつまらないなら、途中でやめていい。

(12)

残り時間を、分単位・秒単位に言い換えて、可能性を見いだす。

(13)

メモは、きれいな字にこだわらなくていい。
汚い字でも、自分が読めればOK。

(14)

時間がなくなる原因は、完璧主義のせいかもしれない。

(15)

空いた時間に勉強しようとすると、一生勉強できない。

(16)

エレベーターに依存しない。
時と場合によっては、エレベーターより階段のほうが早い。

(17)

座ってすると、スピードが遅くなる。
立ってすると、スピードが速くなる。

(18)

締め切りは、相手のためではなく、自分のためにある。

(19)

しっかり睡眠時間を取ることで、仕事の生産性が高まる。

(20)

時間がないから諦めるのではない。
時間がないからやってみる。

(21)

「今だ」を「今しかない」に言い換えるだけで、やる気が倍増する。

(22)

時間の言い方が曖昧だと、相手の迷惑になることもある。

(23)

平気で人の時間を奪っていく人は、時間泥棒。

(24)

小まめな対応が、時間を節約する。

(25)

お礼を言う時間がないほど忙しいなら、すでに仕事は破綻している。

(26)

デジタル時計よりアナログ時計のほうが、時間感覚が研ぎ澄まされる。

(27)

1日10分の読書をばかにしない。
蓄積と継続は、必ず大きな山になる。

(28)

時間の使い方が上手な人は、クイックとスローを使い分ける。

(29)

時間が節約できても、不幸になっては意味がない。

(30)

後回しにしている仕事の大半は、今すぐできる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存