恋人との恋愛が長続きする30の方法

スポンサーリンク

(1)

今までは、量を重視した恋愛関係だった。
これからは、質を重視した恋愛関係を考える。

(2)

仲良くなるにつれて、じわじわお互いの間隔を詰めて話す。

(3)

電話に出てから、笑顔になるのでは遅い。
笑顔になってから、電話に出よう。

(4)

1000年付き合うつもりで、恋人と接する。

(5)

甘えることを受け入れられたら、今度はあなたもその人に甘えられるようになる。

(6)

好きな人を無条件で励ませば励ますほど、恋愛が加速する。

(7)

世の中に1つとして、同じカップルはいない。
自分たちの付き合い方は、みんなと違っていい。

(8)

自分たちだけの「恋愛ギネスブック」を作って、何かの新記録に挑戦する。

(9)

相手ともっと親しくなりたいときは、内緒話が有効。

(10)

鏡の前で身だしなみを整えるときは、幸せそうな表情を心がける。

(11)

だらだらしたお付き合いは避け、リラックスしたお付き合いを目指す。

(12)

連絡を取りたいとはいえ、無意味なメッセージなら、送らないほうが賢明。

(13)

用事はなくてもメールを送りたいときは、励ましや役立つ情報としてメッセージを送る。

(14)

機嫌が悪いときこそ、言葉と態度に注意が必要。

(15)

喧嘩が多いのも問題であるが、喧嘩がまったくないのも問題。

(16)

「愛している」と言われないのは「愛している」と言っていないから。

(17)

愛情表現は、少なすぎても、多すぎてもいけない。

(18)

レストランを予約すると、デートも食事もいっそう楽しめる。

(19)

待ち合わせ場所で会ったときの第一声を考えておく。

(20)

たまにはユニークな場所で待ち合わせる。

(21)

恋人の到着が大幅に遅れたときは、怒るのではなく、平気なふりをして相手を心配する。

(22)

明るいことを話した後には、明るい出来事が起こる。
暗いことを話した後には、暗い出来事が起こる。

(23)

デートに疲れても、最後は「でも、楽しかったよ」という一言で、気持ちよく締めくくる。

(24)

現実に戻るときの寂しさも、しっかり味わう。

(25)

「人前」と「2人きり」とで、恋人の態度が変わる様子を楽しむ。

(26)

2人きりでいるときの様子が、本性だと考える。

(27)

恋人へのプレゼントに名前や日付を入れると、プレゼントらしさがますますアップする。

(28)

誕生日を過ぎてからもらう誕生日プレゼントも、やはり嬉しい。

(29)

恋人の過ちは、時効が過ぎたことにして忘れよう。

(30)

恋愛の失敗経験は「いい思い出」と言い換えて、呪縛から解放される。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存