お金の悩みと苦労を減らす30の方法

スポンサーリンク

(1)

お金がなければ、頭と体を使って、突き進む。

(2)

自分が支払ったお金の行き先について、考えてみる。

(3)

個人的に無駄遣いと感じることは、社会から見れば、ありがたいこと。

(4)

ついてない出来事があったのではない。
厄払いができたのだ。

(5)

真剣さを生むには、身銭を切るのが一番。

(6)

風水を気にするより、部屋の掃除をしよう。

(7)

金運を上げたければ、財布の掃除と整理整頓。

(8)

交流会で知らない人には「どちらからいらしたんですか」という一言で話しかける。

(9)

領収書や明細書は、本当に必要な買い物だったか、客観視できる資料。

(10)

店員が見やすいようにお金を置くと、自分の気持ちが明るくなる。

(11)

読書や映画鑑賞をするときは、その制作にかかった費用と手間暇に感謝しながら、楽しませてもらう。

(12)

家族を大事にすればするほど、金運も上がる。

(13)

忙しくても、年に1回は実家に帰省したい。

(14)

裕福な家に生まれてこなかった人生の愚痴を言っても仕方ない。

(15)

カバンに読みかけの本を入れておき、わずかな時間があれば、1ページでも本を読む。

(16)

おみくじを引くときは、遊びではなく、真剣になる。

(17)

商売を始めるなら、市場や人気は小さくていいので、確実に勝てる領域で戦う。

(18)

健康診断を受けるのは、真面目に生きる姿勢。

(19)

「高くても欲しい」というものに出会えたことが、すでに幸せ。

(20)

けちなプレゼントは、かえってマイナスの印象につながる。

(21)

チップを渡す必要がない場面だからこそ、チップを渡すと感動してもらえる。

(22)

「人気の商品ですよ」という営業トークに踊らされない。

(23)

契約のときにしっかり確認したいのは、お金より契約書。

(24)

悪徳かどうかを判断する目安は、法外な金額かどうか。

(25)

泥棒に遭って失ったお金は、防犯意識を高める授業料。

(26)

今年損が大きければ、来年は得が多くなると信じる。

(27)

常に変化し続けて、時代遅れを防ぐ。

(28)

右肩上がりはずっと続かないが、ずっと続くような努力は必要。

(29)

親が好きな仕事で稼ぐ姿を見せ、幸せにお金を稼ぐ知恵を残す。

(30)

儲けすぎたら、寄付をしよう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存