仕事を辞める勇気が出る30の言葉

スポンサーリンク

(1)

自分の居場所くらいは、自分で決める。

(2)

今の職場で、自分の能力をどれだけ生かせているか、考える。

(3)

いつか転職しようと思っているだけでは、永遠に転職できない。

(4)

その会社で得られる成長の限界について、考える。

(5)

他人を説得する前に、まず自分を説得する。

(6)

一度しかない人生にふさわしい仕事をしているか。

(7)

大切なのは、大変な仕事かどうかではなく、好きな仕事かどうか。

(8)

転職して、やりたい仕事をしている自分を想像する。

(9)

自分の安売りは、やめてください。

(10)

「この仕事は自分に合っていない」と確信したときが、運命の分かれ道。

(11)

健康を犠牲にした働き方は「ださい」「危ない」「情けない」と考える。

(12)

できない理由ではなく、できる方法を考える。

(13)

仕事にこだわる理由がなければ、こだわる理由のある仕事を見つける。

(14)

今の会社に居続けるリスクと転職のリスクを比較して、長期的に見て、自分のためになる選択をする。

(15)

つまらない見栄やプライドがあると、退職も転職もできない。

(16)

親や先生に反対されただけで諦めるなんて、意志が弱すぎる。

(17)

悪質な会社なら、退社をためらう必要はない。

(18)

無難な選択しかできないような、つまらない人間になるな。

(19)

今、慎重に考えている時間が、後から思い出になる。

(20)

「うまくいく」と心から信じている人は、いざというときに強い。

(21)

転職とは、人事異動のようなもの。

(22)

転職活動を通して、意外と低い、自分の市場価値に気づく。

(23)

「後任者に任せたほうが、現場はスムーズに回る」と考える。

(24)

退職理由は嘘をつかず、正直に伝えて、上司を説得する。

(25)

退職も転職も、慎重に計画できていれば、難しく考えず、後は大胆に行動する。

(26)

理屈っぽい上司のほうが、退職しやすい。

(27)

ぴんと伸びた背筋から、退職の固い意志が伝わる。

(28)

辞めさせてくれない会社なら、ますます辞めたほうがいい。

(29)

今正直にならないで、いつ正直になるのか。

(30)

「仕方ない」と諦めそうになったときは、無理を承知で、もう少し粘ってみる。

それが「夢を叶える」ということ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存