議論に勝っても、人の生き方は変えられぬ。坂本龍馬の言葉

スポンサーリンク

(1)

世の人は我を何とも言わば言え 我が成す事は我のみぞ知る

(2)

何の志も無きところに、ぐずぐずして日を送るは、実に大馬鹿者なり

(3)

日本を今一度 せんたくいたし申候

(4)

恥といふことを打ち捨てて 世のことは成るべし

(5)

時勢に応じて自分を変革しろ

(6)

人の世に道は一つということはない。道は百も千も万もある。

(7)

万事、見にゃわからん。

(8)

俺は議論はしない、議論に勝っても、人の生き方は変えられぬ。

(9)

夢中で日を過ごしておれば、いつかはわかる時が来る。

(10)

わずかに他人より優れているというだけの知恵や知識が、この時勢に何になるか。
そういう頼りにならぬものにうぬぼれるだけで、それだけで歴然たる敗北者だ。

(11)

人として生まれたからには、太平洋のように、でっかい夢を持つべきだ。

(12)

時勢は利によって動くものだ。
議論によっては動かぬ。

(13)

人の世に失敗ちゅうことは、ありゃせんぞ。

(14)

今は力を培養するときだ。
その時機を辛抱できぬのは男ではない。

(15)

雨が降ってきたからって走ることはない。
走ったって、先も雨だ。

(16)

俺は着実に物事を一つずつ築きあげてゆく。
現実に合わぬことはやらぬ。

(17)

偏見を持つな。
相手が幕臣であろうと乞食であろうと、教えを受けるべき人間なら俺は受けるわい。

(18)

男子は生あるかぎり、理想をもち、理想に一歩でも近づくべく坂をのぼるべきである。

(19)

おれは落胆するよりも、次の策を考えるほうの人間だ。

(20)

人間、好きな道によって世界を切り拓いていく。

(21)

何でも思い切ってやってみることですよ。
どっちに転んだって人間、野辺の石ころ同様、骨となって一生を終えるのだから。

(22)

相手を説得する場合、激しい言葉をつかってはならぬ。
結局は恨まれるだけで物事が成就できない。

(23)

いったん志を抱けば、この志にむかって事が進捗するような手段のみをとり、いやしくも弱気を発してはいけない。
たとえその目的が成就できなくても、その目的への道中で死ぬべきだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存