答えるのが難しい30の面接の定番質問

スポンサーリンク

(1)

嫌いな人について質問されたときは、苦手な人と言い換えて、社会常識とモラルにのっとった回答をする。

(2)

面接の自己採点について質問されたときは、反省点とともに、ありのまましっかり伝える。

(3)

「あなたが面接官なら、どの応募者を採用しますか」と聞かれたときは「自分を採用する」と答える。

(4)

方言について指摘されても、堂々と「自分の個性の1つ」と言い切る。

(5)

浪人や留年の原因について質問されたときは「努力したが及ばなかった」という方向で答える。

(6)

アルバイトでも働けるか聞かれたときは、覚悟を持って、慎重に答える。

(7)

付き合っている人について質問されたときは、お客様に言われた状況を想定して、自分らしく答える。

(8)

今まで内定が取れなかった原因を聞かれたときは、原因と改善を明白にして答える。

(9)

学生と社会人の違いについて質問されたときは、責任の大きさに言及した答え方をする。

(10)

隣の人の発言について意見を求められたときは、できるだけ肯定的な意見を述べる。

(11)

ライバルについて質問されたときは、面接官の評価は気にせず、正直に答える。

(12)

「当社が不採用になれば、どうしますか」と聞かれても、諦めないことを強調して答える。

(13)

すべて不採用だった場合について質問されたときは、とにかく諦めないことをアピールする。
たとえば「すべて不採用になっても、とにかく内定が出るまで就職活動を続けます」と答える。

(14)

進路変更について質問されたときは、変更に至った事情を堂々と伝える。

(15)

腹が立ったことについて聞かれたときは、自分の未熟さに腹が立った内容で答える。

(16)

突然、商品の売り込みを依頼されたときは、自分が熟知しているものを選び、楽しげに語りながら売り込む。

(17)

採用するメリットについて質問されたときは、言葉と態度が矛盾しないよう、自己PRと同じ要領で堂々と答える。

(18)

面接前の面接の練習で、面接官役も演じて、逆質問の練習をしておく。

(19)

学業で一番苦労したことについて質問されたときは、具体的な実例だけでなく、乗り越えた方法も紹介する。

(20)

内定が出た後の就職活動について質問されたときは「就職活動は終了する」と答える。

(21)

商品の感想や意見について質問されたときは「競合他社との比較」と「提案」でアピールする。

(22)

最後にアピールを質問されたときは、入社したい気持ちを存分に伝える。

(23)

誰にも負けない強みがなければ「いつか誰にも負けない強みにしたい」という答え方をする。

(24)

親や家族について質問されたときは、両親や家庭環境のよい点に着目して説明する。

(25)

残りの学生生活の過ごし方について質問されたときは、有意のある時間の使い方を答える。

(26)

就職活動で心がけていることについて質問されたときは、数を絞って、具体的なエピソードを交えながら話す。

(27)

年配者との交流について質問されたときは、接するときに心がけていることや学んだことを紹介する。

(28)

英語力について質問されたときは、英語を習得した経緯や方法を、具体的に説明する。

(29)

没頭した経験について質問されたときは、具体的な事例や得られた学びと成長などを答える。

(30)

自分の人生の採点について質問されたときは、客観的に採点をして、具体的に理由を述べる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存