型をしっかり覚えた後に、初めて”型破り”になれる。十八代目 中村勘三郎の言葉

スポンサーリンク

(1)

型をしっかり覚えた後に、初めて”型破り”になれる。型が無いままやるのは、ただの型無し

(2)

一番のストレス解消は愛する人のそばに居ることである

(3)

体験できないことでも勉強して自分のものにすればいい。僕は、知ったかぶりがいちばん良くないと思っています

(4)

人間って一人で仕事をしていることってないですね。たとえ山の中で黙々と一人で木を切っていたって、親とか師匠とかの視線を心の中に持っている。ずさんな仕事をすればあとで仲間に伝わる

(5)

ただ自分の居場所にじっとしてはダメなんですよ。外へ外へと出て行って巡り会って育てていかないと。机の前に座って情報を集めるだけではそこに熱がない

(6)

人間の本質は変わらない。でも時代は変わる。だから、立ち止まるわけにはいかないと思います

(7)

形というのは、ピタリと決まる体と手の位置が、その人にしかできない独自の美しさまで到達したもの。
そこに役者の心が入るのです。

(8)

形を極め、型を破ることを続けてきたから今日がある。
挑戦です。

(9)

何のためにやるのかという意味がはっきり分かっていないと、そこにあるのは肉体だけだ。

(10)

焦ったって本人が不安なら、見ている人は面白くも何ともないんですよ。
機は熟す。身のうちから突き上げるように満ちてくるものなのです。

(11)

人生の成功とは、死ぬときに悔いが残らないこと。

(12)

悩むのは家の中だけでいい。稽古場ではとにかくやれ、動物的に動け。

(13)

幸運にも、これまでの創意工夫がお客様に受け入れられてきたから、今も伝統芸能として認められているだけであって、ただ同じことを繰り返してきていたら、今頃、歌舞伎はなくなっていたと思う。

(14)

歌舞伎とは、しょせん、お客様をいかに喜ばせられるか。時代とともに、お客様の価値観は変わるから、私たちは常に新しいものを歴史の上に塗り重ねていかなければいけない。

(15)

(拍手鳴りやまず、再び開いて言った一言)これ、いつもは開けないんですが、今日は、お月様がきれいなんで

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存