「夢とは何か」を考える30の言葉

スポンサーリンク

(1)

夢とは、クリスマスツリーのてっぺんの星と同じ。
あるほうが、立派に見える。

(2)

夢とは、看板そのもの。
掲げることで、存在感が増す。

(3)

夢とは、マッチ棒のようなもの。
摩擦がないと、火がつかない。

(4)

夢とは、ハイオクガソリンのようなもの。
いつもより馬力が出る。

(5)

夢を持っているということは、ダイヤモンドを持っているということ。

素晴らしい宝石を手にしている。

(6)

夢とは、サプリメントである。
足りないものを補ってくれる。

(7)

夢は、軽い気持ちで始める。

(8)

計画は慎重になる一方、行動は大胆に進めるのが、正解。

(9)

夢とは、バラの花のようなもの。
とげがあるから、美しさが引き立つ。

(10)

夢とは、ギネス世界記録集のようなもの。
常に新記録を狙っていく。

(11)

できないことは、頼まれてから、できるようになればいい。

(12)

「自分は絶対にできる」という暗示をかける。

(13)

ピラミッドを作るように、1つずつ積み重ねる。

(14)

まず1人で出発し、協力者は、後から集める。

(15)

夢が大きくて熱いほど、周りの人を明るく照らし、温める力も強くなる。

(16)

みんなに理解されようとは、思わないこと。

(17)

夢と一生涯付き合い続ける覚悟を持つ。

(18)

夢を持てば、メイクをしているかのような、美しい顔立ちになる。

(19)

夢を大きくして、周りにとって、欠かせない存在になる。

(20)

小さな夢でも、人生を十分に満喫できる、無限の要素が詰まっている。

(21)

あり得ないことを考えることが、夢を実現する近道になる。

(22)

夢に向かうときは、ミスや失敗ではなく、成功を意識する。

(23)

夢とは、ダンスを踊るようなもの。
明るい雰囲気に身を任せて、体を動かすだけでいい。

(24)

細い線をたくさん重ねて、想像した形を作っていく。

(25)

夢とは、ボクシングである。
打たれながら、一瞬の隙を狙う。

(26)

日常のすべてから学ぶ姿勢を、持つ。

(27)

本物に触れて、具体的なイメージを得る。

(28)

相手の幸せを考えることで、自分が幸せになる夢を抱く。

(29)

「夢はきっと叶う」と信じることが大切。

(30)

夢が大きくなればなるほど、ささいなことに気を配ることが必要。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存