飲み会が苦手な人が酒を楽しむ30の方法

スポンサーリンク

(1)

乾杯直後の表情が、大切。

(2)

飲みの場では、仕事の話は避けること。

(3)

自分が飲むお酒を自分でつぐのは、普通のこと。
どんどん手酌をしてもいい。

(4)

みんなで楽しめる料理を、注文する。

(5)

本当に雰囲気を悪くさせるのは飲めない人ではない。
飲めない人を責めている人だ。

(6)

メモ用紙とボールペンがあると、話が盛り上がりやすい。

(7)

相手が飲み物を口にするときに、一瞬グラスに目をやり、量を確認する。

(8)

グラスの10センチ上から、ビールをつぐ。

(9)

宴会直前に最新ニュースをチェックして、ネタにする。

(10)

喉が渇いている状態で、いきなりお酒は飲まない。

(11)

上司に「お酒は飲めるか」と聞かれたときは「たしなむ程度」と答える。

(12)

上司から本音で話そうと言われたら、本音は話さず、本音で話しているふりをする。

(13)

次々とタバコを吸いすぎないように、気をつける。

(14)

お酌をするなら、できるだけ女性のほうがおすすめ。

(15)

酔いすぎても、プライベートの暴露のしすぎには、注意する。

(16)

世代が違うから、話ができると考える。

(17)

背中をさするのは、本当に吐いてもいい場所でするもの。

(18)

飲み会が苦手な人は、仕事だと割り切る。

(19)

1人取り残された人には、話を振ってフォローを入れる。

(20)

どうしても緊張をするなら、早めに酔ってしまう。

(21)

上司やお客様の前では、足を組まない。

(22)

出席しない理由を濁したら、それなりの事情を、察する。

(23)

上司から説教をされたら「勉強になります」と無難な返事をする。

(24)

グラスのふちに口だけつけて、飲んでいるふりだけでも見せる。

(25)

乾杯のときは、グラスに両手を添える。

(26)

調味料や香辛料などを振りかける食事は、周りに伝えてからにする。

(27)

仲のいい異性の友達を作って、一緒に飲む。

(28)

体臭がひどいなら、体臭対策をしてから、宴会に出席する。

(29)

自分でできることは、自分でする。

(30)

家に着くまでが宴会だと思い、気を抜かないようにする。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存