上手に部下を叱る30の方法

スポンサーリンク

(1)

たくさん叱られて、上手な叱り方を会得する。

(2)

相手を落ち込ませるような叱り方は失格。

(3)

ミスをしたタイミングで指摘するのが、一番いい。

(4)

大勢の前で叱らない。

(5)

叱るときには、2人になるのがベスト。

(6)

感情に振り回されて部下を叱るのは、やめる。

(7)

感情的に叱らないように、まず気持ちを落ち着かせる。

(8)

叱る前に、もう一度状況をよく確認する。

(9)

お説教は、短いほどためになる。

(10)

指摘がいくつかあるときは、最初に指摘数を伝え、短く絞る。

(11)

いつまでも過去の過ちを言い続けない。
昔の話を引っ張り出さない。

(12)

人格を否定する言葉は使わない。

(13)

「ここは、こうしたほうがいいと思うよ」

にっこり言えば、相手もにっこりして「はい、分かりました」と素直に返事してくれるはず。

(14)

叱るときは、腰を低く、丁寧な態度になる。

(15)

他人と比べて、叱らない。

(16)

相手を追い込むような言い方は、しないようにする。

(17)

肯定から始まると、後に続く言葉も受け入れやすくなる。

(18)

「気分を害されたら申し訳ない」と言ってから、言い始める。

(19)

「なぜいけないのか」という理由を含めて、指摘する。

(20)

一瞬で終わらせるお説教は、注射と同じ。
痛い時間が短いからこそ、よく効く。

(21)

「こら!」という言葉を使わないように心がける。

(22)

叱った後こそ、普段どおりに接する。

(23)

管理者を通して指摘をすれば、上司と部下の関係にひびを入れなくて済む。

(24)

感情的になりやすい人は、手紙やメールで落ち着いて伝える。

(25)

「しなさい」より「しましょう」。

(26)

「なぜいけないと思うのか」と、部下に発言させる。

(27)

「絶対に間違えるな。失敗するな」という言い方はやめる。

(28)

最もミスが少なくなるのは、リラックスしているとき。

(29)

にこにこしながら、指摘する。

(30)

強い怒りがこみ上げてきたら、早くその場を去るようにする。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存