できる人が実践している30の秘密の仕事術

スポンサーリンク

(1)

高品質で、低価格で、早く完成させるという3つが揃って、初めて一流になれる。

(2)

あえて、いい人にならない。

(3)

1次会に参加しても、2次会には参加しない。

(4)

仕事ができる人は、服選びに時間を使わない。

(5)

あえて説明書を読んで、意外な操作を覚える。

(6)

あえて、誰もやっていないことをする。

(7)

あえて複雑に考えると、意外な発想が思い浮かぶ。

(8)

忙しいからこそ、あえてしっかり睡眠を取る。

(9)

いかに持つかより、いかに捨てるかが重要。

(10)

ジャンルの異なる本を、同時に読み進める。

(11)

休憩時間には仕事のことは忘れてリラックスする。

(12)

「少し重いと感じる程度の負荷」という条件さえ守れば、仕事は適度に抱え込んだほうが、自分の成長のためになる。

(13)

あえて、事前準備は直前にすると、底力を発揮できる。

(14)

神様を信じるより、自分を信じて行動する。

(15)

素直に信じないから、真実に気づける。

(16)

仕事ができる人ほど、会社を頼りにしない。

(17)

簡単な100問より、難しい1問を選ぶ。

(18)

ゆっくり丁寧に進めると、ミスをしたときに改善する余裕がなくなり、結果として仕上げが甘くなる。

(19)

あえて他人の意見に同調することも社会の世渡り術の1つ。

(20)

基本的な知識は、あらかじめ丸暗記しておく。

(21)

常識ある人には絶対に思い浮かばないようなばかな発想ができるところに「この人はほかの人とは違う」と感じる。

(22)

仕事ができる人は「あえて他人の意見を聞かない」という仕事術を活用する。

(23)

あえて、計画なしで進めてみる。

(24)

改善案を含めた言い訳をする。

(25)

大きな話は、雰囲気を柔らかくしてから話し始める。

(26)

やらないことリストを作成する。

(27)

水をがぶがぶ飲むのは、仕事を続けていく体を保つための意外な仕事術。

(28)

諦めを早くする習慣は、時間・お金・体力を無駄にしない習慣。

(29)

よく知っていることでもあえて、「知っている」とは答えない。

「詳しくは知りません」と言う。

(30)

学校に頼るより、独学で勉強する。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存