売り上げを上げる30の方法

スポンサーリンク

(1)

売り上げアップのキーワードは「商品」ではない。
常に「人」である。

(2)

ドアを開けっ放しにして、営業する。

(3)

閑古鳥が鳴いている店と繁盛している店に足を運び、その理由を感じ取ればいい。

(4)

人件費を出すお金があるなら、パソコンを1台買って、市販されている本で学んだほうが、はるかに安上がり。

(5)

「松竹梅」に加えて「特上」を作れば「松」の売り上げが向上する。

(6)

あなたのお店には、目玉商品がありますか。

(7)

売り上げをアップさせるには、メニューの一部に「限定」を作る。

(8)

人間は新しい物が大好き。
「日替わり」を作れば、来客数が増える。

(9)

ポイントが貯まるという快感が、人のモチベーションを上げる。

(10)

報酬にする物品選びに迷うくらいなら、現金にするべき。

(11)

ありのままの商品名では、ありきたりで、つまらない。

(12)

アピールするより、一度ユーザーに体験してもらえればいい。

(13)

メニューに、具体的なイメージを付け加える。

(14)

内装は、事業が順調になってから初めて手を加えていくところ。

(15)

レジの隣に、名刺と商品を置く。

(16)

人間は「明るい」ということによい印象を持っている。

(17)

文字は「色」より「大きさ」で強調する。

(18)

あなたが売ろうとしているものは「何日分」ですか。

何年分ですか。

単位を変えることはできますか。

(19)

一番売れている商品に「売り上げナンバー1」というキャッチコピーを付ける。

(20)

会員カードにランクを付ける。

(21)

購入することで、どんな体験ができるようになるのか伝える。

(22)

暑いときには、店内を冷やす。
寒いときには、店内を暖かくする。

(23)

生々しいお客様の声を原文のまま掲載して、推薦してもらえばいい。

(24)

具体的で、目的の分かる商品名こそ、一番のキャッチコピーになっている。

(25)

商品が安くなる割引券を配れば、売り上げが向上する。

(26)

道を歩いていて、ふと目にした商品が気に入れば、購買意欲につながる。

(27)

留守番電話・ファックス・ウェブサイトを最大限に活用すれば、24時間営業ができる。

(28)

立地条件が悪くても、ウェブサイトを持てば解消できる。

(29)

ときどき商品の配列を変更するという工夫を実施する。

(30)

売ろうとする当然の努力をすることが、最も大切なこと。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存