幸せな人が心がけている30の人生哲学

スポンサーリンク

(1)

日々の習慣の積み重ねこそが、自分を作り上げていくことを知っている。

(2)

食事の栄養、仕事と家庭の両立など、常にバランスを心がけるようにしている。

(3)

「整理整頓」を習慣にする。

(4)

素直になる。

(5)

応用へ行き着くためには、基本をしっかり押さえておくことが大切。

(6)

自分と向き合う習慣が大切。

(7)

シンプルに単純に考えるほうが、しっかりした軸が出来上がる。

(8)

すべてが自分にとってプラスになっていると考える「プラス思考」という習慣が、あなたを強くさせる。

(9)

「臨機応変」に行動できるようになる。

(10)

どうすればいいのか分からないときには、できる人の真似をすればいい。

(11)

挨拶をされたら、必ず挨拶を返すことのできる人が、幸せになれる人。

(12)

早いうちにアクションを起こし、失敗をしてもいいから早めに行動して動いておかないと、対策も上達も何も得られない。

(13)

質は、量をこなしていれば勝手に後からついてくるものであって、最初から質を追い求めているとなかなか上達しない。

(14)

「知識」より「知恵」を大切にする。

(15)

自分の身をもって経験したことから、気づく。

(16)

自分の口から出る自分の言葉こそ、重要。

(17)

言いたいことや気持ちは「はっきり」と言うことが大切。

(18)

自分が花を持つ役ではなく、花を持たせる役に回る。

(19)

温かいから感謝を習慣にするのではなく、感謝を習慣にしていくことで、どんどん温かい人になる。

(20)

「好き」はあなたを幸せへと導く磁石。

(21)

「後片付け」を、忘れないようにする。

(22)

いつもの親切にもう1つのおまけをつけて、少しサービスすることで相手に喜んでもらえる。

(23)

小さな挑戦によって変化と出会い、新しい自分になる。

(24)

人付き合いのマナーにおいて「さりげなく」接することは大切なポイント。

(25)

「簡単で、分かりやすく、小さなこと」から、始める。

(26)

幸せな人は心を与えることで、相手に豊かになってもらい、人間関係を潤滑にしているから幸せでいられる。

(27)

「話し上手」より「聞き上手」になる。

(28)

知らないふりをして、相手の気持ちを大切にする。

(29)

自分で稼いだお金を自分に使い、向上した自分でまた仕事をするというサイクルを作ることで、自分を向上させることができる。

(30)

1つの習慣ばかりに執着することではなく、できるかぎりたくさんの習慣を身につけておくほうがいい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存