苦手な上司との30の付き合い方

スポンサーリンク

(1)

冷静になって上司とうまく付き合っていくためのコツを考える。

(2)

人間関係に強くさえなれば、あなたは社会人として、世の中をうまくわたっていくことができる。

(3)

楽しく仕事をする上で、最も大きなポイントになることは「誰とするか」。

(4)

尊敬できることを見つけることが、うまくやっていくためのポイント。

(5)

「勉強になりました」は、相手のためにも自分のためにもなる。

(6)

間違ってもいいから、自分なりに考えて答えを出す。

(7)

挨拶は、まず自分から。

(8)

精神的に強くなるためには、必要以上に重く受け止めないこと。

(9)

長期休暇で実家に帰ったときは、必ずお土産を買う。

(10)

素直にできないことを認め、その代わりに一生懸命に学び解決していく態度が大切。

(11)

上司は嫌われるのが仕事。
それを理解しておく。

(12)

上司は犬と同じ。
逃げれば逃げるほど、噛みついてくる。

(13)

性格や態度が悪い上司からは「こうなってはいけない」ということを学ぶ。

(14)

仲のいい人間関係を作っていくためには「仲良くなろう」という心がけと態度を意識的に取っていくことが大切。

(15)

往々にしてとても勉強になる経験は、つらい経験から得られる。

(16)

新人は、得た手柄を上司にプレゼントしていくことが仕事。

(17)

部下は上司を引き立てるために存在する。

(18)

上司との仲を向上させるためには、あなたが口だけの人間になることを避けることが必要。

(19)

つまらない仕事ほど、一生懸命にやる。

(20)

上司の前で、つんとするのではなく、上司を笑わせることも大切なこと。

(21)

回り道を進んでできる人が、強くなる。

(22)

礼儀やマナーも、仕事の1つと考え、きちんと身につける。

(23)

甘えることも仕事のうち。

(24)

上司を変えるより、まず自分が変わることで関係を向上させていく。

(25)

ホウレンソウは、人間関係の潤滑油として活用する。

(26)

上司の自慢話や武勇伝は、驚くリアクションで対応すればいい。

(27)

小さなトラブルでも、隠さず報告しよう。

(28)

練習のときこそ、本番さながらで全力を出し切る。

(29)

上司の特徴や好きな話題などを知るためには、単純に上司の話をたくさん聞いて好みを把握しておく。

(30)

どんな上司であろうと、あなたのためにならない上司はいない。

そこに気づけるかどうかは、あなたの裁量しだい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存