世渡り上手になる30の方法

スポンサーリンク

(1)

「世渡り上手な人」にならないと、本当の実力は発揮できない。

(2)

すでに経験した人の話を聞く。
これこそ一番の世渡り術。

(3)

社会では、カンニングを意識する。

(4)

すべてを1人で抱え込まない。
人と協力をして、分業する。

(5)

世渡り上手な人は、おだて上手。

(6)

面白くないことでも、面白がってあげる。

(7)

目的達成のために、たくさんの手段を活用する。

(8)

完璧は目指さない。
今ある手持ちの駒で、何とかやりくりする。

(9)

仕事のできる人間ほど、朝を大切にする。

(10)

「夜遅くまで」より「朝早くから」のほうが、評価が高い。

(11)

臨機応変な対応ができる人は、世渡り上手な人。

(12)

できることでも、できないふりをすると、助けてもらうことができる。

(13)

どうせ叱られるなら、1回にまとめてしまえばいい。

(14)

世渡り上手な人は、土日に思いきり遊んだりのんびりしたりしてプライベートを楽しみ、月曜から張り切って仕事に取り組む人。

(15)

世渡り上手な人は「与えられる人」ではなく「与える人」。

(16)

雰囲気を読み取る力があれば、言いにくいことも言えてしまう。

(17)

自分も他人も人気者にできる人が、本当の人気者。

(18)

友達に見せてもらうと、時間と労力が節約できる。

(19)

人生を上手に歩くコツは「助けてください」と言えるようになること。

(20)

明るい人になるためには、明るいことを考えていればいい。

(21)

世渡り上手な人は、逃げるのが上手。

(22)

いくら本を読んでも、実際の経験にはかなわない。

(23)

天才は、想像力を最大限に活用している。

(24)

話がスムーズに進むように、あらかじめ根回しをしておく。

(25)

心から相談できる友を持つ。

(26)

方法は簡単。
思いきりやればいい。

(27)

芝居上手な人は、世渡り上手。

(28)

いくら楽しい人生とはいえ、健康あっての幸せ。

(29)

間違うときには、丁寧に間違える。

(30)

成功するためには、早く行動すればいい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存