上品な人になる30の方法

スポンサーリンク

(1)

品格は、生まれや育ちで決まるものではない。
個人の努力によって身につけるもの。

(2)

挨拶ができない人に、上品な人はいない。

(3)

上品な人は、3つの余裕を心がけている。
時間の余裕、お金の余裕、心の余裕。

(4)

上品な人には「落ち着いた動作」がある。

(5)

清潔感のある身だしなみを心がける。

(6)

シンプルで落ち着いたファッションにする。

(7)

安易な露出は、品格を落とす。

(8)

アクセサリーで大切なのは「動き」ではなく「輝き」。
控えめな主張のほうが、長く印象に残る。

(9)

上品な人は、常に謙虚で腰が低い。

(10)

「上品」と呼ばれる人に共通しているのは、落ち着いた声。

(11)

上品な人は、感情のコントロールができる。
感情のコントロールは、最初からあるものではなく、鍛えていくもの。

(12)

マナーは、上品な人の必須条件。

(13)

上品な人には「強い芯」がある。

(14)

大口を開けて「あはは」と笑うと上品に見えない。
口元を手で隠して、「おほほ」と笑うと、上品に見える。

(15)

上品な人は、感謝の習慣を大切にしている。

(16)

社会常識を身につける。

(17)

ネガティブキーワードは、品格を下げる言葉。
ポジティブキーワードは、品格を上げる言葉。

(18)

上品な人は、余計な音を立てない。

(19)

きれいな字が書けるだけで、上品な印象を与えることができる。

(20)

自慢や軽蔑をする人に、上品な人はいない。

(21)

上品な人は「そろえること」を大切にしている。

(22)

物を扱うときは、片手より両手を心がける。

(23)

読書の習慣は、学びの習慣。

(24)

気遣いをするなら、あくまで「さりげなく」がポイント。

(25)

上品な人は、精神的に自立している。

(26)

品格に欠かせないのは「自立心」と「独立心」。
上品な人は、1人で行動することができる。

(27)

下品な人は、激しい情熱を燃やしている。
上品な人は、静かな情熱を燃やしている。

(28)

上品な人は、いざというとき、速やかに行動できる。

(29)

与えることで相手が喜んでくれることを、自分の喜びとする。

(30)

上品な人は、去り際が美しい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存