借金癖を直す30の方法

スポンサーリンク

(1)

借金癖は、待ったなしのトラブル。
今すぐ具体的な改善に取りかかろう。

(2)

借金癖の改善は、自覚することから始まる。

(3)

「借金癖を直せる」と信じて、対策に取り組む。

(4)

宣誓書を書こう。
借金癖を直す決意が固まる。

(5)

借金癖を直すときは「少しずつ」ではなく「きっぱり」やめる。

(6)

小さな金額でも、安易にお金を借りない習慣をつける。

(7)

借金癖のある人には「お金が足りないなら、借りればいい」という考え方がある。

(8)

自己管理能力を鍛えるトレーニングとして、掃除から始める。

(9)

生活費の内訳を考えることが、借金癖の改善につながる。

(10)

手帳や買い物リストなどに、次のような注意喚起のメモ書きを書いておく。

「購入前は、必要なものか欲しいものか、よく考えること!」

(11)

分割払いはやめて、一括払いにする。

(12)

自分でお金の管理ができないなら、恥を忍んで、家族に任せてみる。

(13)

大きな買い物をするときは、身近な人に相談をする習慣をつけておく。

(14)

付き合いのいい人になるのではない。
付き合いの悪い人になるのだ。

(15)

見栄を張っているかぎり、浪費癖も借金癖も直らない。

(16)

臨時収入があっても、すぐ財布に入れないこと。

(17)

借金癖を直したいなら、ギャンブル以外の趣味を見つける。

(18)

期待に応えたい気持ちがあっても、大金が必要なら、きちんと断る。

(19)

お金のかからないプレゼントの習慣をつける。

(20)

朝のうちに、昼食・夕食の支度を済ませておく。

(21)

借金癖の原因がストレスなら、きちんと原因を突き止め、解消に向けたアクションを起こす。

「自分にはできない」「今さら手遅れ」「絶対不可能」と諦めないこと。

(22)

お金を使うタイミングは、給料日の後ではなく、前にする。

(23)

借金を推奨する言葉があっても「自分には当てはまらない」と無視する勇気を持つこと。

(24)

すでに借金があるなら、借金の現状把握が必須。

(25)

大きな借金があれば、恥を覚悟の上、きちんと家族に打ち明けておく。

(26)

借金返済のプランを考えるの難しいときは、ファイナンシャルプランナーを頼る。

(27)

借金の原因が、借金癖ではなく借金依存症であれば、個人の対処に頼らず、きちんと専門機関を受診する。

借金依存症の12のチェックポイント

1.借金していないと、不安に襲われる
2.借金をすることに抵抗感や罪悪感がない
3.借金の総額を把握していない
4.借金のことが気になって、仕事に集中できない
5.利息を考えずに借金をしたことがある
6.節約意識がなく、金銭感覚が麻痺していると感じることが多い
7.借金が理由で、周りに大きな迷惑をかけ、自分の信用も悪くなっている
8.値段が高くても我慢ができず、借金してでも買ってしまう
9.周りからお金の使い方を注意されても、聞く耳を持たない
10.「その気になれば、いつでも借金は返せる」と自分に言い聞かせている
11.借金の不安やストレスを、飲酒や喫煙で紛らわせることが多い
12.借金のせいで、生活や人生がみすぼらしくなっている

(28)

どんなに借金癖がひどくても、闇金融には手を出さない。

(29)

借金をすべて返済できた直後が危ない。

(30)

借金癖を直す方法に行き詰まったなら、最後の手段として、債務整理を検討する。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存