内気な性格を改善する30の方法

スポンサーリンク

(1)

「失敗したくない」と考えるから内気な性格になる。
「失敗してもいい」と考えれば、内気な性格が改善する。

(2)

「内気を改善したい」と考えるのではない。
「明るく積極的になりたい」と考えよう。

(3)

好きなことに取り組むことが、メンタルを鍛えるトレーニングになる。

(4)

持ち物を明るくすると、性格も明るくなる。

(5)

笑顔は、珠玉の言葉と同等の価値がある。
明るい印象を与え、相手の心を動かす力がある。

笑顔の回数を、1回でも増やしましょう。

(6)

楽しい趣味には、性格を変える力がある。

(7)

新しく生まれ変わった自分をイメージすると、内気が改善する。

(8)

意識を内側に向けると、自意識過剰になる。
意識を外側に向けると、内気な性格が改善する。

(9)

内気な性格が改善するから、はきはき話すのではない。
はきはき話すから、内気な性格が改善する。

(10)

質問をする癖をつけると、内気な性格が改善されていく。

(11)

ネガティブな言葉は避け、ポジティブな言葉を使うようにする。

(12)

自信家や人気者の振る舞いをじっくり観察して、真似をしてみる。

(13)

自分を大切にしても、しすぎるな。

(14)

内気な性格で苦しいときは、開き直ってしまう。

(15)

得意分野を作ると、内気な性格が改善する。

(16)

「嫌われたくない」と思っていると嫌われる。
「嫌われてもいい」と思っていると、好かれる。

(17)

「人は人。自分は自分」と考えて、人と比較する癖をやめる。

(18)

あえて大変なことを選んだほうが、内気な性格が改善しやすい。

(19)

困難に直面したときこそ、内気を改善するチャンス。

(20)

大きな目標は分けて、達成感と成功体験を味わう機会を増やそう。

(21)

たとえ心の中は不安や心配でいっぱいであっても、態度だけは堂々とする。

下手な演技でも大いに結構。

(22)

過去の失敗を引きずると、未来に向かう足かせになる。

(23)

完璧主義に心当たりがあるなら、完璧主義を治していく。

(24)

運動習慣は、内気の改善に効果あり。

(25)

内気な性格も、生かし方次第で、強みに変わる。

(26)

見栄に関係したプライドは、今すぐ捨ててしまう。

(27)

「私は内気な性格だけど、やるときはやる」と自分に言い聞かせ、自分の殻を破る。

(28)

仕事に内気な性格を持ち込まない。

(29)

人に喜ばれる仕事をして、内気な性格を改善していく。

(30)

自分で解決するのが難しい場合、心の専門家を受診しよう。

助けが必要なときには、素直に助けを求めるのが正解。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存