僕は決して高い教育を受けた人間でもなければ、良心に溢れた人間でもない。GACKTの言葉

スポンサーリンク

(1)

器用か不器用かっていったら
僕は異常なくらい不器用な人間だよ。自分でも嫌になるくらい。
でもそんな自分に負けたくないから必死にがんばる。
だからゴールには一番に入る自信がある。

(2)

人生に迷ったときは、難しい方、困難な方を取れ。
これ、基本だ。その方が同じ時間を過ごしても得られる物が多い。

失った時間は帰ってこない。
みんなそれぞれ、タイムリミットがあるんだ。

なるべく早くに多くの知識と経験を手に入れた方が、
人生が鮮やかに彩る。選択肢は常に難しく、苦しい方だ。

(3)

もし自分が一日でも妥協していいと思ってしまったら、
それは自分を見に来ている人に対して失礼だし、
そういう姿を見せることで、自分を否定することになってしまう。

(4)

自分の心に傷をつけるのは他人じゃないんだよ。
全部自分自身なんだよ。みんな勘違いしてる。
その言葉を受け取った自分が自分に傷をつけているわけ。
それに気付いてないんだよね。

(5)

いいんだよ。泣きたいときは泣けばいい。
でも、大切なのは泣き終わったあとのオマエが次に取る行動だ。

悔しくて涙を流したなら死ぬほど努力しろ。
悲しくて涙を流したならその悲しみは忘れずにその分、
誰かに優しくしてやれ。そんなもんだ。

(6)

予想は裏切る、期待には応える

(7)

涙は女の武器じゃない。女の武器は心からの笑顔。

(8)

まあ、みんなもそうだと思うのですが何かに直面したときは
やっぱり、落ち込んだり立ち止まったりするものです。
でも、それが過ぎてしまうとその瞬間のことって
後から思い出したり振り返ったりすると、意外と笑えたり、
大したことではなかったと思えます。
もちろんそれは、今をどれだけ真剣に生きているか、
自分と向き合っているかで変わります。
過去の自分に縛られて前に進めないでいると、
いつまで経っても、イケてる人生を送れない。

(9)

世の中に色んな悩みがある人、一杯いると思うけれど
悩みなんて考えたところで解決はしない。
同じところで、グルグル回るだけ。
大切なのは、一所に立ち止まって考え続けるのではなく
とにかく、前に進んでいけば次第に答えも見えて来るもの。

行動あるのみ。

(10)

期待するということ、それは僕の欲であり、また自惚れのようなものでもあるとそう思いました。
多く期待をしていた分だけ、まるで裏切られた気分になるのも自分の心の弱さが出ているのです。
人は自分とは違う。
自分には当たり前に出来ても他人には出来ないことも多くあり、またその逆もしかり。

欲とはむずかしいものです。

(11)

僕らにはそれぞれに役割があり、
それを全うするかどうかは自身がそこにたどり着く意志があるかどうかだと常に思っています。

(12)

僕らは仕事のプロであり、一つの結果を描き、それを現実にするために集まっている戦士なのです。
倒れそうなときに互いの手を取り合い前に進むことと、戦う意志を亡くした者を引きずってでも前に進むことには大きな違いあります。

(13)

実は僕、95年の阪神淡路大震災のとき、京都に住んでて、震災を経験したんだ。でも当時はなんにもできなかった。それですごく後悔してね。“こうしたらよかった”“あんなことができた”って。3・11の地震が起きたときに自分がすぐ動いたのは、あの後悔があったから。前にやれたはずなのにやれなかったことを全部やった。

(14)

大切なのは、弱さに向き合うこと。戦うっていうのは、誰かを傷つけるってことじゃない。僕は、自分の弱さと向き合うことが、本当の闘いの始まりだと思っているんだ。

(15)

先輩ってのはな、『その人みたいになりたいと思わせてくれる人、自分が困ったときに守ってくれる人、時には優しく怒ってくれる人』これが最低条件なんだよ。

(16)

もちろん色々言う奴だっているさ、PRだなんだ、偽善だなんだって。勝手に言ってろよ。そんな連中相手にしてるほど暇じゃない。世の中、クソヤローなんておまえ達の周りにもいるだろう? でもな、僕はこう思うんだよ。「僕はそんなクソヤローには絶対になりたくない」って。

言葉は汚いが、これが素直な想いなんだよ。僕はさ、決して高い教育を受けた人間でもなければ、良い人間でもない。良心に溢れた人間でもない。冷たいところも一杯ある。でもな、そんな他人の汗の掻き方に文句をつけるクソヤローじゃない。これだけははっきり言える。

(17)

自分のライバルは
一歩前を歩いている自分。

(18)

僕は悲しみを忘れようとは
思わない。
背負っていこうと思ってる。
楽しいことと同じくらい
悲しいことも全部覚えてる。
多分、それは忘れちゃいけ
ないことなんだよ。

(19)

男の武器は確固たる決意と
行動力、さりげない優しさ。

(20)

今日という日は、亡くなった者たちにとっての輝ける未来。

ボクらはそんな一日をこうやって過ごせているんだ。

彼らの分まで、少しでも輝けるようにと思えば、足を一歩前に出す勇気は出てこないか。

そんなに難しいことじゃない。ゆっくりでいい。

一歩足を進めてみろ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存