緊張との付き合い方がうまくなる30の言葉

スポンサーリンク

(1)

1日1回は、緊張する時間を作る。

(2)

人間関係に比べれば、緊張との付き合い方はまだ優しい。

(3)

役者や俳優が、高齢になってもぼけにくいのは「人から見られる」という緊張があるおかげ。

(4)

「大舞台への挑戦」と考えるのではない。
「自分への挑戦」と考えるのだ。

(5)

緊張から逃げるのは楽であっても、実は一番苦しい選択肢。

今のうちに苦しむか、後から苦しむかの違い。

(6)

素直に緊張を白状できるのは、弱そうに見えて、実は強い。

(7)

緊張には、仕事のパフォーマンスを上げる効果がある。

(8)

受動的な緊張は、不快なストレスになる。
能動的な緊張は、心地よいストレスになる。

(9)

緊張した後は、ストレス解消させる。

(10)

上手に緊張を処理できたかどうかに関係なく、

緊張と向き合い、前向きに取り組んでいる姿勢が大切。

(11)

緊張とは、刺激と変化をもたらす人生のスパイス。

(12)

緊張した経験は、どんどん人に話そう。
笑いながら話すことで、心は軽くなり、メンタルも強くなる。

(13)

緊張を不快に感じるなら、まだ楽しみ方を知らないだけ。

(14)

緊張したら「新しい自分を発見した」と思って、冷静に自分を認識する。

(15)

緊張とリラックスは、偏らず、交互に楽しむ。

(16)

「こんなに緊張した」という最高記録を作ろう。

(17)

あがり症の人ほど、余計な待ち時間はかえって毒。

構える前に、さっと終わらせること。

(18)

緊張するから目的を忘れるのではない。
目的を忘れるから緊張する。

(19)

緊張とは、接近する困難に対して、体が臨戦状態に整う反応。

(20)

前回は緊張して取り乱したとしても、

次回はきっとうまくいくと考える。

(21)

緊張で悩んだとき、放置する人ではなく、向き合う人になる。

(22)

「緊張したことがない」と言う人より「緊張することばかり」と言う人のほうが、信用できる。

(23)

カレンダーやスケジュール帳に、本番までの残り日数を書き込む。

(24)

緊張しない心より、緊張をほぐす方法の習得を優先させる。

(25)

自分の緊張を笑われても、不機嫌にならないこと。

(26)

緊張と上手に付き合うために、力を入れるより抜く。

深呼吸をしましょう。

肩の力を抜きましょう。

手足をマッサージしましょう。

(27)

緊張しても、八つ当たりはしない。

(28)

大舞台を経験する前と後の、自分の変化を楽しむ。

(29)

本番の後は、「まだ何かあるかもしれない」と注意しながら、ゆっくり緊張を解いていく。

(30)

緊張を嫌がっているうちは、半人前。
緊張を喜べるようになったら、一人前。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存