緊張をほぐす30の名言

スポンサーリンク

(1)

「上手にしよう」と思うのではない。
「真剣にしよう」と思うのだ。

(2)

緊張はあなたのためにある。
心の成長に必要な栄養素。

(3)

緊張は、避けるものではなく、生かすもの。

(4)

緊張は、苦しむのではなく、笑い飛ばす。

(5)

緊張を作り出しているのは自分の心であることを、再認識する。

(6)

自意識過剰になっているだけ。
誰もあなたの事情に興味はない。

(7)

緊張しても死ぬわけではない。

(8)

「緊張して変だったら笑ってね」と笑いながら言える人は、緊張しない。

(9)

緊張は、ダンスのパートナー。
戦う相手ではなく、一緒に踊る相手。

(10)

「緊張していない」と言えば緊張が強くなる。
「緊張している」と言えば、緊張がほぐれる。

(11)

緊張は、人生の眠気覚ましにちょうどいい。

(12)

緊張できるのも才能だと考える。

(13)

「緊張している」ではなく「緊張させてもらっている」と考える。

(14)

臆病な心を持っているのではない。
繊細な心を持っているのだ。

(15)

緊張することを恐れるより、結果が出せないことを恐れる。

(16)

緊張しているほうが高いパフォーマンスを発揮できる。

(17)

緊張は、自分が心と感情にあふれている生き物であることを再認識する機会だと考える。

(18)

「絶対ミスしてはいけない」と考えるのではない。
「3回までミスしても大丈夫」と考える。

(19)

緊張したくない気持ちは、責任感が強い証拠。

(20)

緊張には、心を若返らせる力がある。
緊張できるうちは、まだまだ若い。

(21)

緊張した後の解放感と達成感は、緊張しなければ味わえない。

(22)

緊張は、人生のスパイス。
より味わい深くさせるもの。

(23)

「適度な緊張」は「緊張感」に変わる。

緊張感は、真剣で誠実な雰囲気を作り出す。

(24)

緊張で苦しんだ分だけ、リラックスの素晴らしさに気づく。

(25)

緊張感には、人を魅力的に見せる力がある。

(26)

苦しい緊張は、思い出ができる前触れ。
緊張で苦しんだ分だけ、印象的な思い出に変わる。

(27)

緊張に感謝しよう。
ストレスの受け止め方が、ネガティブからポジティブに変わる。

(28)

どんな緊張も、永遠に続くわけではない。

(29)

緊張とは、人生が与えた愛のむち。
痛いけど、気持ちいい。

(30)

「次が人生で最後になるかもしれない」という意識を持つ。

ラストチャンスと思えば「後悔がないようしっかり経験しておこう」という熱い気持ちが湧き出てくる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存