圧倒的存在感。圧巻の演技。羽生結弦の言葉

スポンサーリンク

(1)

スケートを愛しているし、すごく幸せ。僕が一番大切にしている大会でまた、金メダルを取れたことを誇りに思う。

(2)

リンクに行けば、いつも先輩がいて、慕ってくれる後輩がいます。世界中にです。戦っているという感覚がほとんどなくて、一緒にスケートをしていることが楽しくて、素晴らしいことだと思っています。

(3)

今はしんどいけど、待ってる先に幸せがある
ただそれを待ってた。
明けない夜はない。

限界を感じた事はない。
ただ、やるんだ!とやるしかないと思う。

(4)

僕は僕。羽生結弦以上でも、以下でもない。

ありのままの自分が出来る事を、 五輪でもしっかりやりたい。

(5)

僕がみんなを支えるなんて間違った考えでした。

僕の方がみんなに支えられていたんだな。

(6)

逆境は嫌いじゃない。

それを乗り越えた先にある景色は
絶対にいいはずだと信じている。

(7)

練習していて、
「これもう無理だな」、

「これ以上できないな」って
思うことは毎日あります。

本当にいつも思っていて
そこで楽をしたいな、

妥協しようと
考えてしまいそうになるのですが、

そこで妥協しきれないのが
たぶん自分なんですよね。

(8)

いつも通りやろうとしている時点で僕の負けなんですよ。

練習を出そうとしたらそれは本番じゃない、練習じゃないですか。

その時点で自分のなかで負けているんですよ。

(9)

「負けてたまるか」という怒りの感情が原動力になる。

(10)

「負けても悔いはない」は嘘。勝てない試合が楽しいわけがない。

(11)

誰からも追随されないような羽生結弦になりたい。

(12)

努力は嘘をつく。でも無駄にはならない。

(13)

期待される感覚が好き。それはプレッシャーじゃなくて快感なんです。

(14)

広いリンクで一人で滑って、一人のためだけに歓声が起こる。その瞬間が魅力の一つ。4回転ジャンプを転倒したときも、会場に『あーっ』と大きなため息がこぼれますよね。それだけファンの皆さんが真剣に見てくださっているんだと思う。本気で見入ってなければ、ああはならない。演技を終えると、大量の花束をリンクに投げ込んでもらえる。いつも、『また、頑張らないと』と高いモチベーションになっています。

(15)

ケガの影響で良い演技が出来なかったのではなく、

良い演技が出来なかったのは単純に僕の今の実力です。

(16)

いい演技をするのが目標なんて謙遜する選手が多いけど、完璧な演技で負けたら屈辱的でしょ!僕は勝ちたい。

(17)

どこにだって行きますよ。僕、上手くなるためなら、何だってしますから。

(18)

逆境や自分の弱さが見えたときが好きです。

(19)

壁の向こうにはまた壁がある。

(20)

僕はアスリートなんですけど。スケートしたいだけなんですけどね。スケートとプライベートって全く関係ないし、僕はアイドルじゃない。まあ、そのうち人気はなくなるんで大丈夫ですけど。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存