我々という言葉に疑問を感じる。誰も隣の人間と同じではない。アインシュタインの言葉

スポンサーリンク

(1)

恋に落ちることは、およそ人間のなしうる最も愚かな行為だ、

とは言えませんが、重力に責任を負わせることもできないでしょう。

(2)

賞賛による堕落から逃れる方法はただひとつ。仕事を続けることである。

(3)

人に対して正しく賢明な助言をすることは出来る。
しかし、自分が正しく賢明に振る舞うことは難しい。

(4)

学ぶとは、努力によってではなく、

好きだからという探究心によって行うものである。

(5)

人は海のようなものである。

あるときは穏やかで友好的。

あるときはしけて、悪意に満ちている。

ここで知っておかなければならないのは、

人間もほとんどが水で構成されているということです。

(6)

我々という言葉に疑問を感じる。誰も隣の人間と同じではない。

(7)

精神を大切にするというのなら、

それとつながっている身体も大切にしなければなりません。

(8)

合理的に考えたからといって、社会生活に生じる問題をすべて解決できるわけではありません。

(9)

暴力が障害物を速やかに一掃してしまうことはある。

しかし、暴力そのものが創造的であると証明されたことは一度もない。

(10)

平和は力では保たれない。平和はただ理解し合うことで達成できるのだ。

(11)

調べられるものを、いちいち覚えておく必要などない。

(12)

成果が目的ではなく、それ自体が目的であること。
人は成果の奴隷に堕(だ)してはならない。

(13)

信頼は、個人の結びつきを培うことによってのみ、作り出される。

(14)

人間の邪悪な心を変えるより、プルトニウムの性質を変えるほうがやさしい。

(15)

私は未来のことなど考えない。それは、すぐに来てしまうのですから。

(16)

私は一日100回、自分に言い聞かせます。

わたしの精神的ならびに物質的生活は、他者の労働の上に成り立っているということを。

(17)

過去から学び、今日のために生き、未来に対して希望を持つ。

大切なことは、何も疑問を持たない状態に、陥らないようにすることである。

(18)

人生を楽しむ秘訣は普通にこだわらないこと。

普通と言われる人生を送る人間なんて、一人としていやしない。

いたらお目にかかりたいものだ。

(19)

人の真の価値は、受けるとことではなく、与えることにあります。

(20)

恋につまづいたくらいならば、立ち直るのは簡単だ。

けれど、

一度でも恋に落ちてしまったら、

そこから抜け出すのは容易なことではないよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存