多分他人は僕の限界を決めたがるけど、自分で限界は作らない。コメディ俳優 ジム・キャリーの言葉

スポンサーリンク

(1)

本当はやりたくなかった道を選んでも、失敗することがある。
だから大好きでやりたいことを、思い切ってやる方がいい。

(2)

人生で手に入れたものはいつか朽ちてバラバラになってしまう。
最後に残るのは、あなたの心の中にあるものだ。

(3)

私の目標は人生の痛みを忘れることだ。
痛みを忘れ、痛みを笑いにして、痛みを減らしてそして、笑う。

(4)

いい方向に物事を考えていれば、だんだんうまくいくようになる。
僕はそう信じているね。

(5)

恐れはこれからの皆さんの人生に常にあるだろうが、その大きさは自分で決められる。

幻や見えない未来に怯えて人生を送ることもできますが、今ここで起きていることや、この瞬間の皆さんの決断は、直に未来につながっています。

(6)

やるべきことは願いがどうしたら叶うかを考えることではない。

頭の中のドアを開け、そして実際の人生においてドアが開いたなら、それを歩いて通ること。

逃してしまっても心配しないで。

他のドアが必ず開くから。

(7)

朝起きて、座りながらコーヒーを飲んで、庭を眺める事が有るんだ。
そこで「この素晴らしい光景を覚えておけ、無くなるかもしれないから」って言うんだ。

(8)

人は絶望が無ければ何も学ばない。

絶望って言うのは何かを学んだり、作ったりするのには欠かせない材料なんだ。

もし絶望した事が無いのなら、君は面白くないと思うよ。

(9)

もし夢をあきらめたら、何が残るの?

(10)

夜遅くまで起きて事が多いかな。
それはパーティをしてるからではなくて、
その時間が唯一、1人になれて、パフォーマンスをしなくても良い時間だからね。

(11)

多分他人は僕の限界を決めたがるけど、自分で限界は作らない。

(12)

これだけはぜひ言わせていただきたい。時には無駄飯を食ってもかまわないのですよ。

(13)

信念に基づいてチャンスを選んでください。
信念ですよ。宗教でも希望でもなく信念です。

(14)

僕は、希望を信用していません。

希望は物乞いです。

希望が炎の中をのそのそ歩くのに対し、信念は炎など軽々と飛び越して行きます。

(15)

選択肢は2つしかありません。

好きを貫くか、恐れて逃げるかです。

好きを貫いてください。

恐れにより、遊び心を捨てる必要はありません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存