恋愛から生まれた「ネガティブな名言」12選

スポンサーリンク

(1)

たくさんの敵に出会ってきたが、妻よ、お前ほどの奴はいなかった。

ー バイロン/詩人 『Lines On Hearing That Lady Byron Was Ill』

(2)

未熟な恋愛で一番つらいのは、自分がまったくの勘違いをしていたことに気づき、作り上げた結晶をみずから砕かないといけない瞬間だ。

ー スタンダール/作家 『恋愛論』

(3)

猫をかぶるという性質は女性にとっては生来のものであり、それは愚かさであると同時に賢さでもある。

ー ショーペンハウエル/哲学者 『余禄と補遺』

(4)

かわいいは作れる!作りものは壊れる!

ー 家入 一真/起業家 Twitterより

(5)

もうけつしてさびしくはない なんべんさびしくないと云つたとこで またさびしくなるのはきまつてゐる

ー 宮沢 賢治/作家、詩人 「小岩井農場」

(6)

恋という成り行きをよく考えてみれば、それは友情よりもむしろ憎悪に似ている。

ー ラ・ロシュフコー/作家、批評家 『箴言葉』

(7)

愛の表現は惜みなく与えるだろう。しかし愛の本体は惜みなく奪うものだ。

ー 有島 武郎/作家 『惜みなく愛は奪ふ』

スポンサーリンク

(8)

どれほど愛しているかを語ることができるのは、まったく愛していないから。

ー ペトラルカ/詩人、学者 関連文献より

(9)

ある男に「自分は結婚したほうがいいのか、それともしないほうがいいのか」と訊かれ、彼はこう答えた。「どちらの道を選んでも、君は後悔するだろう」。

ー ソクラテス/哲学者 『ギリシア哲学者列伝』

(10)

男は疲れを癒やすために結婚し、女は好奇心にかられて結婚する。そしてどちらも失望する。

ー オスカー・ワイルド/詩人、劇作家 『つまらぬ女』

(11)

妻が死んだ、私は自由だ!

ー ボードレール/詩人 『人殺しのワイン』

(12)

愛した人に愛されないのは、恐ろしい不幸である。しかし、もはや愛していない女から熱烈に愛されるのは、もっと不幸である。

ー コンスタン/作家 『アドルフ』

出典 TABI LABO

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存