好かれたから好きになるのではない。好きだから、好かれたいのだ。ナイチンゲールの言葉

スポンサーリンク

(1)

馬鹿からの賛同は批判よりも迷惑である。

(2)

立派な男性が求婚すれば、女性がそれを受諾しない理由はない、という考えにはまったく賛成できない。

(3)

命を奪われた男たちの前に立って思う。生きている限り、彼らを死に追いやった相手と戦い続けると。

(4)

わたしであっても一つは得意だと思う能力は持っているものだ。この世界には100万以上の仕事があるといわれているが、そのどれもが自分が合わないなどということはあり得ないのである。

(5)

自分で自分を英雄だなどと思う人は、とるに足らない人間です。

(6)

どんな仕事をするにせよ、実際に学ぶ事ができるのは現場においてのみである。

(7)

愛というのは、その人の過ちや自分との意見の対立を許してあげられること。

(8)

物事を始めるチャンスを、私は逃さない。たとえマスタードの種のように小さな始まりでも、芽を出し、根を張ることがいくらでもある。

スポンサーリンク

(9)

生きる意味など知らないままでいい。いつか笑える日が来るのならば。

(10)

好かれたから好きになるのではない好きだから、好かれたいのだ。

(11)

子を失う親のような気持ちで、患者に接することのできない、そのような共感性のない人がいるとしたら、今すぐこの場から去りなさい。

(12)

人間の言葉のうちで「私は知りません」ほど情けない言葉はありません。

(13)

人生を二度、生きることが出来たらどんなにいいか。一度は過ちを犯すため、二度目は犯した過ちから学ぶために。

(14)

人に対する批判的な心をやわらげる最良の方法は、自分が批判している相手の役に立とうと努めることです。私自身の経験からそう申し上げることができます。

(15)

人間の値打ちはどの宗教を信じるかではなくて、ただその人の行いによって決まるのだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存