【12星座別】自分で把握しておきたいウィークポイント

スポンサーリンク

【牡羊座】待てない

「待て」と言われればいつまでもお利口にじっと待っているワンちゃんがいますが、牡羊座にはとても無理。5秒もしないうちに、うずうずし始め、やがてイライラ我慢できなくなって大爆発! がいつものパターン。待つのはどんなシチュエーションでも苦手です。待ち合わせも、レストランで注文を待つのも、人気商品をゲットするための行列も、耐えられません。

【牡牛座】予定変更に弱い

慎重で堅実な牡牛座は、何をするにも、いろいろと準備をしておきたいのです。だから準備のできない急な予定変更は苦手。心も身体も、急な出来事には対応できないのです。それがたとえ嬉しいことでも、好きな人からの急なお誘いだとしても、対応できずにフリーズしてしまいます。「想定外」には弱いのだと、事前に伝えておくのがベストでしょう。

【双子座】深い話は苦手

会話上手な双子座が、唯一、苦手なのが「深い話」。特に「重い話」は、するのも聞くのも好きではありません。深刻なお金の話、救いのない病気の話、ドロドロにもつれた恋愛話は思わず耳をふさぎたくなります。アドバイスを求められても、上滑りな言葉しかでてきません。その場から逃げ出したくなるのです。深く重い話になりそうなときは、逃げるしかありません。

【蟹座】理論は苦手

感情で行動する蟹座は、理論が苦手です。好き嫌いの話をしているのに、そこに理屈を持ち出されるとブチ切れたくなります。頭のよし悪しは関係ありません。理解できないのではなく、そもそも蟹座は答えを求めていないのです。喜びや悲しみ、悩みに共感してほしいのに、無味乾燥な理論で切り捨てられるのが許せないのです。答えは欲しくないから、と断っておくことも必要でしょう。

【獅子座】損得計算ができない

よく言えば義理人情に厚く、言い方を変えれば「ええかっこしい」な獅子座は、損得計算ができません。なにより一番嫌いなのが「ケチ」なのです。だから、人におごるときは出血大サービスで大盤振る舞いです。けちけちしない太っ腹な豪傑ぶりが、ただの身分不相応な散財なのか、はたまた将来、大物実業家となる器だからなのかは、本人にもわかりません。

【乙女座】マイナス思考

乙女座は、いつ何時でも、何かあったときのための対策を常に考えています。今は健康でも病気になるかもしれない、仕事もリストラされるかもしれない、事件や事故に巻き込まれるかもしれない、と常に最悪最低の事態を想定しているので、必然的に悪いほうへ悪いほうへと考えてしまうのです。乙女座にとって、マイナス思考は、必要不可欠な保険なのです。

【天秤座】忍耐力がない

気配りもできて対人関係スキルの高い天秤座の唯一の泣きどころは、忍耐力がないこと。一時の我慢…目の前の人を優先し、気を配ることはできても、それを継続することは難しいのです。1日頑張ったらもう、ぐったりしてしまいます。特に天秤座は外面がいいのが特徴。親しくなるほど、頑張りがきかなくなります。忍耐力なし、と最初に断っておくのが最善です。

スポンサーリンク

【蠍座】社交性がない

蠍座の社交性のなさは、説明するまでもなく一目瞭然。自分でも自覚しているし、大きなお世話、と思うかもしれません。けれど、自分のウィークポイントを個性としてとらえることで、生きやすくなります。非社交的な部分が、蠍座のミステリアスな魅力につながっているのもまた事実なのです。無理して一生懸命愛想よく振る舞うよりも、自然体でいるほうが蠍座らしいのです。

【射手座】規則が嫌い

射手座は、規則で縛りつけられるのが大嫌いな自由人。射手座が射手座らしく暮すためには、「自由」とは何なのかを一度しっかり考えてみる必要があります。つきつめてみれば、みんながそれぞれに自分らしく自由に生きるために、規則があるのだと分かるでしょう。かといって規則が好きになるわけではありませんが、せめて最低限守らなければならないことは理解できるはず。

【山羊座】騒ぐのが嫌い

山羊座は、バカ騒ぎが嫌いです。飲み会のどんちゃん騒ぎ、大声上げて騒ぐ集団、見ているだけでイライラするでしょう。そういう場所には近寄らないのが一番です。しかし、会社の忘年会やカラオケで、山羊座も一緒に盛り上がることを強要される場合もあるかもしれません。選択肢は2つ。これも職務と割り切ってバカになるか、一切やりませんと拒否するか。どちらでもお好みで。

【水瓶座】みんなと同じがダメ

フレンドリーで交友関係の広い水瓶座は、一緒に遊ぶ、楽しむのは好きなのです。けれど、みんなと「同じ」を強要されるのだけはダメでしょう。同じ制服、おそろいの持ち物を喜ぶ人の気持ちが全くわかりません。水瓶座にとっては、みんな違うからいいのです。みんな同じを強要されがちで、目立つ人がたたかれがちな、女子校や女性の多い職場は苦手でしょう。

【魚座】決断できない

魚座は、今日のランチから、進路、結婚相手にいたるまで、ささいなことから重大なことまで、あらゆる決断が苦手です。迷い始めたら最後、いつまでも決められません。かといって、決めてから後悔したり間違えたと思うわけではないのです。つまりは、どちらでもいいのです。迷い悩むのも人生と思ってとことん悩むか、でなければさっさとどれかに決めてしまうべきです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存