守りに入らず、挑戦者の気持ちでやっていきたい。高橋大輔の言葉

スポンサーリンク

(1)

今回は、誰かのためにというのではなく、自分だけのためにやっていきたいと思っています。

(2)

これまでは勝てないんだったら現役をやるべきではないと思っていたのですが、それぞれの思いの中で戦うというのもいいんじゃないかと思いました。

(3)

僕はスケートバカなんです。スケートは人生そのもの。やればやるほど難しく、奥深い。でも、もっと知りたい。

(4)

過去の成績にとらわれず、失うことを恐れず歩もうと思います。

(5)

若い選手は、冷静になったり、力の配分を考えたりする必要はないと思う。がむしゃらにやっている方が、絶対に自分のためになります。そうしたことを経験して、自分に合うやり方が見つかってくると思う。

(6)

守りに入らず、挑戦者の気持ちでやっていきたい。

(7)

『あきらめなければできる』とか言葉では絶対に言いたくない。言葉ではなく、そういうことが自然と伝わるような存在でありたい。

(8)

理想というものは「こういうふうになりたい」と思うと、そこで止まっちゃうのかな。『もうこれ以上できない』と思ったところまで来たら、多分それが理想なんだと思います。

スポンサーリンク

(9)

ケガをして考え方も変わった。力になってくれた人が周りにたくさんいた。今はスケートを通して恩返しをしたいと思う。

(10)

自信はないし、弱音はしょっちゅう吐くし、びびったりもする。やっぱり自分は弱いですけれど、だからそれを埋めようと、練習を一杯する。

(11)

スケートに限らず大切なのは、自分で考えることだと思います。さらには、どんなことにでも楽しんで、チャレンジすること。それが物事を上達させるために大切なことだと思うんです。

(12)

自分を盛り上げようと、自信がなくても目標を口に出した。目標は高く持たないとそこにいけない。

(13)

やる・やらない。僕は迷わず、やる方を選ぶ。やらなくちゃ、未来は始まらないから。

(14)

自分で変えられないものを受けいれて、変えられるものを変えていくしかない!

(15)

自分自身が感動できる演技が出来れば良いなと思います。
もう全部出し尽くしましたというものを。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存