自分の価値観を持って生きるってことは嫌われても当たり前なんだ。岡本太郎の言葉

スポンサーリンク

(1)

ルールは一応守らなければならない。しかし、ただ大勢の人たちが守っているから、自分も従っていくという意志のなさではなくて、ルールは守ると同時に、内なる自由、抵抗をつねに持っていく。そのような大らかで激しい心を、人間的な誇りとして持たなければいけない。

(2)

人に理解されたり、喜ばれようなんて思うな。むしろ認められないことを前提として、自分を猛烈に突き出すんだ。

(3)

自分には悪いことはできない、なんていい気になっていると、悪人以上に害悪をまきちらすかもしれないよ。

(4)

ひとが「あらいいわねえ」なんて言うのは、「どうでもいいわね」と言ってるのと同じなんだよ。

(5)

ぼくは口が裂けてもアキラメロなどとは言わない。

(6)

勝とうが負けようがどっちでもいい。平気なんだ。勝って結構、負けて結構。ただ、完全燃焼、全力をつくす。

(7)

孤独感を持っているのはキミだけじゃない。人間全部が孤独感を持っている。

(8)

何かすごい決定的なことをやらなきゃ、なんて思わないで、そんなに力まずに、チッポケなことでもいいから、心の動く方向にまっすぐ行くのだ。失敗してもいいから。

スポンサーリンク

(9)

人間にとって成功とはいったい何だろう。結局のところ、自分の夢に向かって自分がどれだけ挑んだか、努力したかどうか、ではないだろうか。

(10)

芸術でも音楽でも、映像、ファッション…。ものを創り出すことに自分を賭けている人間は大勢いる。何のために?いいんだよ。ためではない。ぶつけたいから、ぶつけるんだ。

(11)

友達に好かれようなどと思わず、友達から孤立してもいいと腹をきめて、自分をつらぬいていけば、ほんとうの意味でみんなに喜ばれる人間になれる。

(12)

自分の価値観を持って生きるってことは嫌われても当たり前なんだ。

(13)

さしあたり惹かれるものがなかったら、本を読むのもいい。この頃みんな本を読まないらしいが、本は自分自身との対話だ。

(14)

自分の本当のことをぶちまけて、ぶつかりあって、いい意味での闘いをする相手。それが親友だ。

(15)

たとえ別れていても、相手が死んでしまっても、この人こそ自分の探し求めていた人だ、と強く感じ取っている相手がいれば、それが運命の出会いだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存