幸せの神様に愛される30の方法

スポンサーリンク

(1)

神様はいると信じる人には、神秘的な力が宿る。

(2)

愚痴や悪口を言うか、感謝や称賛を言うか。

口にする一言で、運命が変わる。

(3)

「幸せではない」という人は幸せが逃げていく。

「すでに幸せ」という人に、幸せが集まってくる。

(4)

神様は、見るものではなく、感じるもの。

(5)

1日・1週間・1カ月は、神様のリズム。

神様のリズムを大切にすることは、神秘的な力を引き寄せることになる。

(6)

自分が壊れそうになったときは「ブレーキを踏め」のサイン。

(7)

言葉遣いを丁寧にするだけで、すべてが好転する。

(8)

誰も見ていないところで、いいことをしよう。

きちんと天から神様が見ている。

善行は、誰も見ていないところでするから、意味がある。

(9)

批判する人にも、存在価値がある。

あなたを批判する人が、一番よく見ている。

(10)

神様は、人に万能のコミュニケーションツールを与えた。笑顔である。

(11)

命は有限。

笑う回数も有限。

(12)

若いころは、学校の勉強ばかりでなく、しっかり遊んでおく。

(13)

落ち込んでいるときは、そばに神様がいることをイメージしよう。

(14)

神様は、にこにこしている人が大好き。

スポンサーリンク

(15)

「自分は不幸でいい」と諦める必要はない。

誰にでも幸せになる権利がある。

(16)

どれだけ幸せであるかは、どれだけ心が満たされているかで決まる。

(17)

最も成長できる方法は1つだけ。

「何でも勉強のつもりで吸収すること」

(18)

あなたの目の前にある困難は、神様からのプレゼント。

(19)

自分にとっては真面目な人生なのに、周りからは不可解に見える人生がいい。

(20)

キーマンを探すのではない。

自分がキーマンになるのだ。

(21)

怒ることは恥ずかしいこと。

器が小さいことを公言することになるから。

(22)

神様にメッセージを届けているつもりになって、日記を書く。

(23)

ぎりぎりアウトは「やめておきなさい」という神様からのアドバイス。

(24)

急に予定が空いたら「好きなことをしてもいい」という神様からのお告げ。

(25)

英雄になるためにはピンチが必要。

ピンチは、神様が与えた飛躍のチャンス。

(26)

売り切れは「たまには違うものを買ってみよう」という神様からの提案。

(27)

理不尽な人は、いずれ天の裁きを受ける。

(28)

「○○してください」と願う人は神様に嫌われる。

「○○してくださり、ありがとうございます」と感謝する人は、神様に愛される。

(29)

運が悪かったときは、自分のせい。

運がよかったときは、神様のおかげ。

(30)

「もう1歩、もう1回、もう1日」

そう思いながら延々と続けていくのが、本当の努力。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存