恋愛の神様に愛される30の方法

スポンサーリンク

(1)

1人で行動すると、恋愛の神様と仲良くなれる。

(2)

神様は、恋愛の努力を人任せにする人の応援はしてくれない。

(3)

声に出して告白するのが恥ずかしいときは、心の中で告白する。

(4)

恋愛も自己啓発の1つ。

自分を磨くために、これ以上の勉強はない。

(5)

人は、恋をする生き物。

人は誰でも、恋をしたい気持ちを持っている。

(6)

「モテたいから」は、不純な動機ではない。

むしろ本能に従った純粋な動機。

(7)

話しかける用事はなくていい。

「今日はまだ話してないね」と声をかけてみよう。

(8)

好きな人との会話ネタに困ったら、堂々と天気の話を出していい。

(9)

異性の知り合いと町でばったり会う偶然は、神様がセッティングしたお見合い。

(10)

無表情で近づくから、逃げられる。

笑顔で近づくから、受け入れられる。

(11)

話が中断しても落ち込まない。

ちょっとタイミングが悪かっただけ。

(12)

「付き合っている人はいるんですか」と聞くことも、勇気が鍛えるトレーニング。

(13)

恋愛がうまくいっていないと思うのは、単なる錯覚。

本当はうまくいっている。

(14)

「恋愛体質」と笑われることを恐れるな。

スポンサーリンク

(15)

傷つくことを避けて、いい恋愛はできない。

傷つくことを受け入れるから、いい恋愛ができる。

(16)

恋愛は、焦ったら負け。

(17)

人は「欠陥」が好きな生き物。

愛着を持ってもらえるのは、長所より短所。

(18)

信じると決めたら疑うことなく、心から信じること。

中途半端な信じ方は、「信じていない」と同じことになる。

(19)

信頼の気持ちは、心で思うだけでは足りない。

きちんと言葉にして伝えよう。

(20)

恋のために汗をかく人は、みな輝いている。

(21)

恋愛が成就したときだけが、至福の時間ではない。

恋愛に悩んでいるときも、至福の時間。

(22)

すてきな出会いを信じない人は、普通の出会いさえない。

すてきな出会いを信じる人は、本当にすてきな出会いがある。

(23)

過去の恋愛にしがみつくと、新しい恋愛の妨げになる。

終わったことは、潔く忘れよう。

(24)

恋がうまくいかない理由を探すのではない。

恋がうまくいく理由を探すのだ。

(25)

恋愛好きになっても、恋愛依存にはならない。

理性と自制心があってこそ、健全な恋愛が実現する。

(26)

告白も慣れ。

デートも慣れ。

失恋も慣れ。

(27)

恋愛中のあなたは、恋愛小説を書いている真っ最中。

(28)

応援の言葉は記憶に残る。

応援してくれる人は、忘れられない人になる。

(29)

恋愛は、こじれたときこそ正念場。

(30)

恋愛の神様があなたにほほ笑みかけた。

次はきっとうまくいく。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存