メイクしなくていい日はいつだって素敵な日ね。キャメロン・ディアスの言葉

スポンサーリンク

(1)

わたしだって他の女性と変わらないわ。クローゼットは服でいっぱいなのに着るものがないの。だからジーンズなのよ。

(2)

あなたがどんなに優秀な若者かなんて、どうでもいいわ。まちがったことを学ぶ唯一の方法は経験なのよ。

(3)

メイクしなくていい日はいつだって素敵な日ね。

(4)

自分の人生には、自分で責任を持つべきだから、ただ自分を幸せにしてくれる白馬にまたがった王子様を待っているなんてダメ。自分の将来は、自分で切り開いていかなきゃね。

(5)

人生のルールは、私次第。

(6)

自分の課題を終えるまで、何回も同じ過ちを繰り返すものなのよ。

(7)

何をするにしても、そのことを必死でやりたいという思いが先にあって、人気とか名声とかはその後についてくるものでしょう。単なる“有名になりたい”病は、どう考えても不健全だわ。

スポンサーリンク

(8)

人生って味わい深い旅をすることが目的で、どこに向かっているのかが問題じゃないと思うの。

(9)

相手の男性が望まないことを望んでも、結局そんな関係はうまく行かない。そもそも、そのような相手とは同じ土俵に立てないのよ。

(10)

現在の社会環境下では“女性は子供を産んで母親に成る事”が不文律のように定められているけれど、私は必ずしもそうした“神話”を信じていない女性の1人なの。

(11)

後悔とは、やってしまったことにするものじゃなくて、やらなかったことにするもの。だから私はチャンスがきたら必ずトライするわ。

(12)

浮気をする男は変わらないわ。忘れなさい。

(13)

自分以外の人をからかうなんて信じられないわ。

(14)

もし25歳の外見をキープできなかったら、失敗したと思われるでしょうね。40歳なのに、25歳に見えないのは敗北者だってね。

(15)

同性の友人なら何人でも持てるでしょう。1人1人の友達とそれぞれ異なった共通点があるから、特定のことを特定の友人と一緒にするのよ。でもなぜか恋愛関係となると、私たちは1人の男性に自分のすべてを理解してもらい、すべてのニーズを満たしてもらおうとする。だから失敗するんだと思うの。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存