新参者は教わるべきであり、人に教えるべきではない。アイザック・ニュートンの言葉

スポンサーリンク

(1)

たとえ相手がつまらない人物であっても、額面どおりに相手をこきおろすよりは、額面以上に相手をほめるほうが安全である。賞讃は非難ほど反発されないし、少なくとも嫌がられないからだ。

(2)

自分を相手より利口に見せても愚かに見せても、得る所はない。

(3)

若いときは、他の人の仕事をするのを決して嫌がらないことだ。そして歳をとれば、自分よりもよくできる人の仕事には決して手を出さないことだ。

(4)

新しい集団に入ったら、その集団の気風をよく見きわめて、自分をそれに合わせる。これで交際ものびのびした屈託のないものになる。人と語るときは「それは、こういうことですか」、「こういうことではありませんか」といった言いまわしを多く用い、押しつけがましく断言しない。新参者は教わるべきであり、人に教えるべきではない。

(5)

どんな行動にも、必ずそれと等しい反対の反応があるものである。

(6)

他人を引き合いに出してほめるのは、避けたほうがよい。

(7)

相手がお気に入りの事柄をほめちぎれば、たちまち相手は好感を持ってくれる。

スポンサーリンク

(8)

成し遂げたいことを常に思い、考えること。これが成功するために必要なことだ。私たちの人生はそれぞれの思想で作られていくのだから。

(9)

一生を振り返ると私は砂浜できれいな貝がらをひろって喜ぶ小さな子供にすぎない。

(10)

今日なし得ることに全力をつくせ。しからば明日は一段の進歩あらん。

(11)

成功に必要なことをあえて一つ述べるとすれば、それは、「つねに願望や目標について考えることだ」と言うことに尽きると思います。なぜなら、私たちの人生は私たちの「思考」でつくられているからです。

(12)

天体の動きなら計算できるが、群集の狂気は計算できない。

(13)

我々はあまりにも多くの壁を造るが、架け橋の数は十分ではない。

(14)

もし私が価値ある発見をしたのであれば、それは才能ではなく忍耐強く注意を払っていたことによるものだ。

(15)

発見する方法は、簡単です。1週間、1か月、1年と、そのことだけを考え続けるのです。そうすると月明かりがさしてくるように、問題が見えてくるのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存