【12星座別】だまされやすい星座ランキング

スポンサーリンク

【1位】魚座

魚座の人はとてもピュアで人を疑わないでしょう。傍から見ていると、信じやすいにも程があると思わざるを得ません。特に恋愛面では、誰が見ても「遊び人」を「運命の人だ!」と勘違いしたりしやすいでしょう。もう少し人を見る目を養わないと、何度も痛い目に合ってしまいます。信じやすいゆえに大損しやすいのだと自覚をしましょう。

【2位】蟹座

蟹座の人は何でも自分に都合よく解釈しがちです。ちょっと異性に親切にされただけで、「あの人は自分を好きかも!」と思い込んでしまうでしょう。自分に都合の悪いところは無視して、とにかく夢中で尽くしまくります。とことん相手にはまるので、だまされているとなかなか気づきません。もう少し客観的な視点を持つ努力をすべきでしょう。

【3位】射手座

射手座の人はとても寛大です。たとえだまされて相手に利用されていても、なかなか気づきません。相手にお金をとことん貢ぎ、貯金通帳の残高がゼロに近くなった頃、ようやくだまされていたのでは…と思います。それでも、楽しい思いをしたのだからまあいいかと、自分をだました相手を簡単に許してしまうでしょう。付き合う人は選ばないと、取り返しのつかないことになります。

【4位】蠍座

蠍座の人は、一度相手を信じてしまったら一途になります。誰かに「その人怪しいんじゃない?」と言われても聞く耳を持ちません。相手が、「とても得だから買った方がいいよ」と言われれば、即購入。「いつか結婚しよう」と不倫相手に言われたら、いつまでもでも待つでしょう。ただ、もしだまされたとわかったら、相手を地獄の果てまでついていき徹底的に復讐します。

【5位】乙女座

乙女座の人は、自分が誰かにだまされることなんか夢にも思っていません。自分はしっかり者だという意識が強いため、だまされるはずはないとたかをくくっているでしょう。けれど、その過信が命とりになります。例えば、「これはすごく健康にいいから」と、高額な健康食品、健康器具を勧められたら思わず買ってしまいそう。乙女座の人は、「健康」というキーワードに弱いからです。

【6位】獅子座

獅子座の人はとてもプライドが高いです。「まさか自分がだまされるはずはない」と、だまされている現実から逃避します。特に、二股をかけられたり、結婚詐欺に合ったりする危険があります。ただ、だまされた後も、「相手は自分を本気で愛していたはず」と相手の心を取り戻そうと、無駄な抵抗をします。そのため、心の傷口をさらに広げてしまうでしょう。

【7位】牡牛座

牡牛座の人は頑固なので、「その人怪しいよ」と周囲に忠告されたとしても、聞こうとしません。それでみすみすだまされてしまうのです。特に、お金がからむことには要注意。例えば、安易にお金を貸したら、返ってこない可能性大。だまされたとわかったら、ダメージは大きいです。しばらく家にひきこもり、「もう誰のことも信用しない!」と嘆くことになるでしょう。

スポンサーリンク

【8位】山羊座

山羊座の人は慎重です。うまい話には裏があるはずと疑ってかかるので、簡単にはだまされません。ただ、結婚をちらつかせられると弱いでしょう。「この人は、結婚を考えるくらい自分に本気なんだ!」と思い、その異性とつきあいます。そして、利用されていると気づかずに、高級ブランド品をプレゼントしたり、お金を貢いだりするかもしれないので気をつけましょう。

【9位】天秤座

天秤座の人は、感情的にならず状況を客観的に見ます。そして、周囲の人に積極的に意見を求めるでしょう。「怪しいな」と思ったら、すぐ人に相談をするので、まんまとだまされたりはしないのです。ただ、おだてられると少々弱いので、容姿や性格をやたらとほめてくれる人には、警戒した方がいいでしょう。その裏には、何か魂胆があるかもしれませんから。

【10位】牡羊座

牡羊座の人は、直感が優れています。「この人怪しい!」と一瞬で見抜く能力があるので、だまされにくいでしょう。そして、自分をだまそうとする人に対しては、猛然と抗議します。「そんなうまいこと言って、だまそうとしてるんでしょ?!」とはっきり言うので、相手はたじろぎます。その気迫で、こずるい人を撃退することができるでしょう。

【11位】双子座

双子座の人は、時々ウソをつくことがあります。ただ、悪質なウソではなく、つい調子よく「今度一緒に映画見に行こうよ」と口約束をしますが、それはなかなか実現しないのです。自分が軽口をたたくくせがあるため、人をだます人の心理がわかります。「この人はウソをついている」とすぐ気づくことができるので、みすみすだまされたりはしないでしょう。

【12位】水瓶座

水瓶座の人は、冷静に客観的に物事を考えます。いくらうまい話をされても、おだてられたとしても、「そんなことはない」と否定できるでしょう。相手に熱心に説得されればされるほど、気持ちは冷めていきます。そして、いつの間にか相手の前からスーッと姿を消すので、だまされることはまずありません。このまま、自分の信じた道をひたすら歩んでいけばいいでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存