人生に迷ったとき30の言葉

スポンサーリンク

(1)

嬉しいことが起きるのを待つのではない。
嬉しいことを起こしにいこう。

(2)

落とし物を拾ったときは「100パーセントいいことができる場面」と考え、届ける。

(3)

諦めの悪い人が、成功する。

(4)

いらいらしたときは、仏像の表情を思い出そう。

(5)

嫌々妥協すると、運やチャンスが逃げていく。
喜んで妥協すると、運やチャンスに恵まれる。

(6)

不幸なことに「グッド」をつけて、ポジティブな見方をする。

(7)

手元だけでなく、足元にも注意を払う。

(8)

100点主義になるから、100点に近づけない。
100点主義をやめるから、100点に近づける。

(9)

「自分のために」と思うとなかなか勇気が出ない。
「誰かのために」と思うと、勇気が出る。

(10)

電話機の近くに花を置いて、落ち着いて穏やかに話せる準備をしておく。

(11)

「よく噛む」「ゆっくり食べる」「食べることに感謝する」の3つを意識して、より食事をおいしくいただく。

(12)

会議は、積極的に発言しないと出席の意味がない。
少しうるさいと思われるくらいでちょうどいい。

(13)

冗談は「適度」と「過度」のラインを見極めておく。
冗談を言いすぎると、かえって信用を落とす。

(14)

思っているだけでは何も変わらない。
現実を変えるのは行動しかない。

スポンサーリンク

(15)

交際成立は、ゴールではなく、新しいスタート。

(16)

生きがいが1つしかないのは、危ない。

(17)

人と会うときだけ、おしゃれをするのではない。
人と会わないときも、おしゃれを楽しんでみよう。

(18)

あなたの歯は「白い宝石」。

(19)

旬の食材を食べると、健康寿命が延びる。

(20)

間違った行いで勝つくらいなら、正しい行いで負けたほうがいい。

(21)

感情移入は、悩みを聞くときの必須マナー。

(22)

勉強すれば成功できるとは限らないが、成功している人は必ず勉強している。

(23)

初期不良があったときは「交換」「返品」を楽しむ場面と思う。

(24)

「お撮りしましょうか」と声をかけるあなたは、優しい人。

(25)

「もう二度としない」と誓うだけでは不十分。
二度とできない仕組みを作る。

(26)

心労は、心の中で暴れ回る悪魔。
減らす努力をしないと、減らない。

(27)

言いかけてやめることほど、感じの悪い話し方はない。

(28)

友達が困っているときこそ、あなたの出番。

(29)

能力が人並み以下でも、諦める必要はない。

能力が人並み以下なら、人の何倍も努力すればいい。

努力は、才能を勝る。

(30)

「成功=幸せ」ではないことに気づく。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存