人のために、自分のために、いまあなたができること。

スポンサーリンク

(1)

「自信がないからやめよう」

じゃなくて

「自信をつけるためにやろう」

(2)

「チャンスが来たらやろう」

じゃなくて

「チャンスが来るためにやろう」

(3)

「明日やろう」

じゃなくて

「今やろう」

(4)

「失敗したらどうしよう」

じゃなくて

「やり残したらどうしよう」

(5)

普段からやってない人間は、

チャンスが来ても動けない。

(6)

自分の価値は自分ではわからない。

他人に言ってもらわないとわからない。

人が喜んでいて初めて、自分に価値があると認識できる。

(7)

今日の努力は、明日の成果にはならない。

すぐには現れない。

今日やったことが知肉となるにはタイムラグがある。

今からやっておかないと、3年後の成果はないかもしれない。

(8)

他人がいくら良いアドバイスをくれても、

そのアドバイスに責任を持ってはくれない。

他人の意見に右往左往されるくらいの挑戦ならやめればいいだけ。

(9)

世間の常識に気を許してはいけない。

やがて、自分の人生を他人が決めたルールに乗っ取られてしまう。

スポンサーリンク

(10)

自分を信じることができれば人の評価などちっぽけな問題。

(11)

天は本気の人間に使命を与える。

だから本気になれない人間には天職を手にするチャンスは訪れない。

(12)

自問自答し続けなければ行けない。

興味あることは全部やってみたら良い。

だけど最後に残るのは、本当に自分のやりたいことだけ。

(13)

せっかく生まれてきたのに

60%の能力しか使わずに死にたくない。

100%出し切りたい。

(14)

量から生み出される質というものを

意識したことがあるだろうか。

やらない人間というのは精度が悪い。

だから、ろくなものを選べない。

量が圧倒的に少ないのだ。

(15)

25歳のあなたが抱いている希望を

40歳のあなたはまた裏切るかもしれない。

そうやって一生裏切り続けていくのか。

まずは一度、叶えてあげよう。

自分の人生を裏切らない人は、

また人生にも裏切られることはありませんから。

途上国で無償の医療活動を続ける医師

吉岡秀人の言葉

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存