たかだか人間、気軽にやったほうがええわな。菅原文太の言葉

スポンサーリンク

(1)

ヘンクツや異端者と呼ばれてもいいじゃないか。

変わり者の生き方の方が面白いよ。

(2)

スネに傷を持たない人間なんていないじゃないか。

どこかで間違いのひとつやふたつ犯している。

真っ白な無謬な人間なんていない。

(3)

アメリカにも、

良心厚い人々はいます。

中国にもいる。

韓国にもいる。

その良心ある人々は、国が違えど同じ人間だ。

(4)

沖縄の風土も、

本土の風土も、海も山も空気も風も、

すべて国家のものではありません。

そこに住んでいる人たちのものです。

(5)

政治の役割はふたつあります。

一つは、国民を飢えさせないこと、安全な食べ物を食べさせること。

もう一つは、これが最も大事です。

絶対に戦争をしないこと!

(6)

くだらんな、政治の世界は。

どうひいき目に見ても、

ありゃあ、茶番劇にしか見えんわな。

(7)

考えてみりゃあ

人間なんか生きていること自体が

バクチのようなもん。

(8)

人間、急いでおったらあんまりいいことない。

足元見てマイペースを守っておったら、蹴躓くこともないわな。

(9)

日本人の悪い癖だな。

何でもかんでも急いでいる。

スポンサーリンク

(10)

暴力映画に出てきた私が言うのもなんですが、

命を賭けて戦争に反対しましょう。

(11)

カタギの世界の人間のほうが乱れているな。

(12)

大酒飲みか!

いいじゃないの。

酒癖が悪い?

そんなことは他人が勝手に決めつけることでね。

(13)

オレもぐうたら人間でね、本質は。

仕事のないときは家でゴロゴロしている。

たかだか人間、気軽にやったほうがええわな。

(14)

本来は、一人一人に

考え方と生き方があるべきなんだ。

ところが、そうはさせないように

世の中の仕組みはなっている。

(15)

日本はB級国家でいいから

誇りを持った国がいい。

少しくらい貧乏になっても、

ブータンのような幸福度

世界一の国を目指してほしいよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存